Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]疎外感を感じるには、二番目の子供症候群」…症状と解決法

/
/
/

一にも最年少でもない、その間に挟まれた第二だけが感じることができる「第二子症候群(Middle Child Syndrome)」。 これは、中間に挟ま生まれた子供の心理的状態を意味するが、親の関心が最初と末っ子へのみが、多くの場合、不要な状況に置かれ、または、あるいは無視されたり、疎外される感じを持つと考えているものである。 最初の末っ子に挟まった状態で疎外あうため、これ第二は、他の兄弟たちは否定的に眺めたり、嫉妬心を感じて自尊心が低く、内向的になることがあるという見方も出ている。

しかし、このような主張は、議論の余地もある。 一度第二のこれらの心理状態に関する根拠が統計的に不足している点、あるいは出生順位の影響力があまり重要ではないことなどである。 第二子症候群について調べてみよう。

すべての第二子が多そうなのか

当然そうではない。 親が子供を養育するにはいくつかの方向と方針が、最終的には、最終的な目標は、適切によく育てることである。 これに適切な忍耐と十分な注意を払って子供を育てた場合、このような第二子症候群はまったく存在しないことができる。

第二子症候群の兆候と症状

もし子供が何か不要という気持ちを感じる判断であれば、これは第二子症候群の兆候であることができる。 メディア媒体ファーストクライは二番目の子供症候群に苦しむ子供たちの一般的な徴候や症状を次のように紹介した。

1.低自尊心

これは他の人が自分をどのように否定的に見るかの心理状態だ。 低い自尊心を持つ人々は、しばしば愛ではなくてぎこちないし、無能であると感じる傾向が強い。 また、敏感に過敏反応を見せたりする。 これ他の人によって容易に傷ついたり落ち込んなることができる。 通常二番目の子供症候群を患う子供の場合、自分が愛されず、疎外されながら、差別を感じ始めている。

2.非社会的存在

内省的なものと非社会的なのは違う。 この症候群の子供は、多くの場合、他の人々、特に自分と同じ年頃の人に社会的に離れれようする傾向が高い。 オンライン媒体ハフポストは反社会的ではなく、内省的な人もの人々と相互に作用し社交活動をすると言いながら、単に他の方法で行うだけだと述べた。

第二子症候群の子供は、親から受けた不要なかった経験により、反社会的な傾向につながる可能性もある。 つまり、仲間から傷ついたり疎外あう嫌いこれらの距離になるということ。

3.無価値感と挫折感

また、多くの場合、内面から自分を否定的に認識し、そのような感情を持つようになるが、自分の人生について悲観的であり、認められない傾向がある。 そして親が自分を愛していないか、自分も生活の中で絶望と挫折感を感じている。

4.注目引くと極端な行動

すべての子供は、親の注意が必要である。 しかし、第二子症候群を患う子供なら、親の関心を引かれては心がより一層強い。 これ時には親も予期しない極端な行動に親が自分を認識することを望んで存在感を浮き彫りにシキギルほしい。

5.信頼の問題

子供たちはまた、周辺人たちと信頼に関する問題を引き起こすこともある。 自分の胸の内を他人に打ち解けて話をしていないのに、これは親や他の人の両方が彼らを気にせず、自分の考えや意見も聞きたくないだろうと思うから。 特に親に心を開い置かないのに、これにより、反社会的な傾向に発展することができる。

子供にもっと近づく

第二子症候群のようなすべての兆候と症状を予防し、避けるために子供との時間を持ち、良い活動を一緒にすることである。 コミュニケーションは当然必須だ。 簡単な質問でもよい。 例えば「今日はどうだった」という言葉で子供の感情や心の状態を開くことができるようする。 親と子の間の絆を強化して二番目の子供症候群を解決できる方案を見てみましょう。

1.愛と言う

「愛している “という非常に短い言葉でも子供にとっては非常に意味を持っことができる。 愛しという言葉を頻繁に子供にすると、子供は自然に自分の問題に対処しながら、親にも感謝する心を感じることができるようになる。 特に子供が間違った行動をしたことを指摘する場合には、親は常に子供に怒って出ておらず、常に愛しているという事実を悟らせることができなければならない。 これはまさに「愛している “という言葉は十分可能である。

2.一緒に時間を送る

子供の心を開く最良の方法は、一緒に時間を過ごすのだ。 スポーツを楽しんだり、あるいは買い物をしたり、または演劇の時間を持ちながら子供と一緒に行動して活動することは、子供が親と一緒にいるときの幸福感を感じることができるようしてくれる。

活動だけ物理的に活発で、動的である必要はない。 子供の性向に合わせて静かに本を読んだり、あるいは料理をしたり、または何もせずにそのまま料理を食べていること自体が役立つことがあります。

年齢がある程度の子供であれば、その世代に合った趣味、例えばビデオゲームやボードゲーム、室内スポーツ、サイクリングなどを一緒にすることができる。 それとも外食をしたり、映画を見るのも良い方法である。 このようなすべてのものは、親の多忙なスケジュールを分け活用しなければならほど非常に重要な解決である。

3.重要な価値と精神性を教える

生活の中で重要な核心価値、そして精神を教えたら、子供は成長していく精神的にも強くなるだけでなく、親が教えてくれた価値を増やし胸の中に持つようになる。 これは家族全員に有用である。 親はこれ子供の会話を交わしながら、自分の子供の頃の経験や育った教訓、重要な価値を教え、これに対する質問と率直な議論等を有するのが良い。

4.子供が親助けする

多くの子供たちは、自分の力で親のために何かしたときに最も達成感あり幸せな時間に考慮される。 成人になった親でも、時には一人で解決できない場合があります。 この時、果敢に子供には、親が直面する問題の相談やアドバイスを求めることも良い方法である。 年齢が若い子でも十分に親を助けることができる。 例えば子供に一人ですることができない家事を助けてくれと言うか、困難な状況での意見を聞くことなどである。

5.一緒に食事する

食事の時間に来た家族が皆集まって食事を一緒に分けて食べることは体の健康だけでなく、精神的健康にも役立つ多くなる。 この時間は、単に食事をすることを越えて、家族の日常生活を覗いて彼らの話を聞くことができる機会にもなるからである。 ただし、重要なことは、食事の時間の中で、スマートフォンやゲームなどを楽しむようにしつつ、顔を合わせると意思疎通をしなければならないということ。

6.子供の選択を尊重する

子供が自分の生活の中で自分の選択したことについて、敬意を表しなければならない。 そして親はそばこれ役立つガイドラインやマニュアルを与えるなど支援を惜しんではならない。 この過程で、子供を制御しようとすることは禁物である。 親が不要な服を子供が固守しても、これを無視してはならず、親が不要趣味をしても、これを尊重してくれるとする。

だからといって子供が自分で選択し決定を無条件賞賛し支え聞かなければならないという意味ではない。 ただ、子供を尊重しながら、子供たちが自らの意思決定の技術を開発して、独立して進むことができるよう自分で決めることについてサポートを与えるのである。 また、子供が下痢何かに失敗を味わうも親は常に子供のために取っ守って応援してくれるということを認識させることが必要である。

7.人生の優先順位は、「子ども」

すべての親が子供を自分の生活の中で非常に重要な認識している。 しかし、親が先に近付いてコミュニケーションしなければ愛する子供の生活の中で何が起こっているかどうか分からない。 これいくら忙しくても、常に子供が親の時間の中で最も重要な部分を占めることができるようしなければならない。 子供との時間は、常に特別であり、これを子供にも同じように感じることができるようにすれば、親と子供の間の関係は正常に維持することができる。 最も重要なことは、子供が必要なときに、それらの横にいてくれるのだ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!