Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]私は私の子供をどのように育てますか?

/
/
/

多くの心理学者たちが子どもの発達や親の役割が子供の行動と今後の人格形成にどのような影響を与えるかについて集中的に研究してきた。 しかし、同じ環境で育った兄弟姉妹や、さらに双子がカーソルは、互いに非常に異なる個性を露出場合も多く、全く異なる環境で育ったのに、似たような性格を形成する子供たちもあり、環境が子どもの発達に及ぼす影響について、これといった心理学的理論を確立することが困難である。 しかし、心理学者は、親の養育方式と子どもの発達の間には明らかな相関関係がある信仰を持って研究を継続している。 ここでの主な養育方式のいくつかを紹介する。

▲独裁的養育方式

独裁的養育方式に従う親は子供が例外なく、ルールに従わなければならないと信じている。 また、子供が問題の解決過程に参加するようにしていない。 子供の意見はほとんど考慮していないままルールを作成し、ルールを破ったときの結果を責任ように注力する。 子供がルールの理由を聞くと「ママがまたはお父さんがこの設定をしたから」と答えてしまう。

独裁的親は子供をしつけていない罰を与える。 枚を減らすと子供を台無しには、信仰を持って、子供がよりよい選択をするように教えるよりも間違ったことをすると痛みを与える方式を選択するものである。

独裁的親の下で育った子供は、ルールは守る一方人生について非常に強い敵意や攻撃性を示す場合がある。 また、罰を受けないために嘘をよくする子供になったりする。

▲権威子育ての方法

独裁的親と同様に、権威の両親は、いくつかの明確なルールを作っておくが妥当な根拠がある場合、例外を可能にする。 権威的親は子供に重要な人生の教訓を教えるために罰を与えるときも、論理的に行動する。 また、良い行動をあおって悪い行動を阻止するために肯定的しつけをしたりする。 子供が良い行動をしたときの賞を与えたり、賞賛をしてくれるだろう。

権威的養育方式は、民主主義的な方法とすることができる。 権威的親は子供の言葉に耳を傾け、子供の質問に熱心に答えてくれる。 これらの親は子供に期待することも多いが、愛情もたっぷり与え、子供の行動に積極的に反応してくれて、適切なサポートも忘れない。 権威的親は子供が期待に及ばない行動をしたとき罰を与えるよりも、許してくれて、さらに暖かくについてくれる。

権威的親は子供の行動を注視して、子供の行動において明確な基準を提示する。 これらの親は積極的に子供の行動に介入が子供を抑圧したり、拘束していない。 これらの親が望むのは、子供が積極的であり、責任を持って行動して自制することを知っており、他の人と協働することができる人になるだろう。

権威的親の下で育った子供は、概ね感情的に安定してしようとすることに成功し成し遂げることが多い。 また、適切な意思決定を下すのに優れて自らのリスクを把握して避けることができる能力も優れている。

▲自由放任的養育方式

自由放任的養育方式に従う親は子供を自由に置いておく。 ルールを決めて置くが、適用される場合も珍しく、これ違反も着を与えない。 罰を与えると心食べても子供が誤ったビルまたは再は間違ってないと約束すると罰を与えずに移るてしまうこともある。 寛大な親は「子供は子供らしく」という信念を重視する。

自由放任的親は通常、子供に親より友達になることを望んでいる。 子供が問題が生じたとき打ち解け話することを望んで悪い選択や行動をしても、積極的に防がない。 子供には本当に深刻な問題が生じたときや、介入する。

自由放任的親の下に育った子供は、権威を無視する場合が多く、誰にでも敬意を表することが稀である。 学業でもあまり優れていない場合が多い。 また、肥満や虫歯などの健康問題が生じる場合が多い。 ジャンクフードを食べたり、うがいをきちんとしていなくても、親が積極的に介入していないからである。

▲無関心養育方式

無関心な養育方式に従う親は子供に要求することも少なく子供に反応したり、子供とのコミュニケーションもない。 無関心な親は子供が自然にサイズを願って、子どもの基本的ニーズを解決するための時間やエネルギーをかけない。

無関心な親になるには、いくつかの理由があり、意図しない場合も多い。 薬物中毒や精神的な問題がある親は子供を放置することは容易である。 また、子育てについての適切な知識がない場合、または仕事や家事にひか無関心親になることもある。

無関心な親の下で育った子供は、通常、自尊心が非常に低い。 学業にも集中できず、行動の問題が表示される場合も多く、概ね満足しても低い。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!