Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]突然子供の泣き声、なぜですか?…親が知っておくべき子供が泣く理由

/
/
/

英語も分からないまま泣く子を世話だけに困り果てて大変なことはない。 しかし、話をしていない子供は、自分が欲しいものを表現したり、他の不便な点を泣きに示すため、通常の子供の泣き声は、正常とみなされる。 親はこれ子供の現在の状況や条件をよく把握した後、原因を見つけるのが賢明である。 幸いなことに、人間の個性の研究ジャーナル(Journal of Research and Personality)は、子供の泣き声を研究して、次のような原因を突き止めた。 だから今から親が解釈することができる重要な状況を調べてみよう。

1.極度の疲労感

子供が泣き叫ぶ最も一般的な理由の一つだ。 このような状況が発生する理由は、多くの場合、赤ちゃんが過度過度行動するからだが、小さなおもちゃだけ握ら与えても、まるで誤ったことを受けたかのようにジャジロなり泣くのを見ることができる。 しかし、子供のような行動は、ほぼ睡眠不足が原因で発生しやすい。

これ子供の頻繁吸うと泣きを適切な睡眠スケジュールを決めて寝かすのが良い。 睡眠スケジュールには昼寝も含めるが、大体15〜18ヶ月まで、一日に2回、3〜4歳までは1番街量よい。 親は横で目元をこすったりあくびなどの行動に子供の疲労を誘発させることが有効である。

2.空腹

非常に小さな赤ちゃんであれば、話をしていなくても、時合わせ親は、赤ちゃんに母乳や粉ミルクに赤ちゃんの空腹を適時満たしてくれることができる。 しかし、より大きな子供が、話をしない段階であれば、空腹に理由もなく突然泣きを放つことができる。 さらに、しばらく子供が何も食べていない状態、例えば昼寝を後にとか最後の食事をした後、数時間が経過した場合であれば、子供の気持ちは限りなくダウンすることができる。 この時の健康的なスナックや軽食を常に周りに備えておき、子供が空腹に泣き放つたびに与えるのがよい。

3.過度の刺激

誕生日パーティーや、あるいはそのような状況で、子供があまりにも過度に遊んなど、過度の刺激が加えられる時も子供は泣きを放つことができる。 これは周囲の状況や自分の気持ちが過度におもしろく楽しいとき時々、これ子供に圧倒感で来るべきことができるからであるが、子供も何が間違ってあるか把握することができない、これは泣きに表示されるものである。

このような状況では、子供が急に大きく泣きトトゥリミョン、しばらく休息スィガンを持たせることが賢明である。 あるいは外連れたり、静かな場所に連れて行って、心を落ち着かせ、体もリラックスできるようにヘジュオヤする。

4.ストレス

成人と同様に子供たちも、ストレスを受ける。 少し大きい子供であれば、サッカーの試合やピアノの練習などの多忙なスケジュールを耐えず、泣きを放つことができる。 他にも、学業問題や家族、仲間の友人など、他の要因により困難になることもある。

この場合、親は子供を取り巻くこのようなせっかちと忙しく帰る環境を変化させることができなければならない。 ストレスの多い状況を減らす子供は、自分の感情をよりよく管理することができ助けることができる。 呼吸運動や瞑想、身体の健康活動を通じて感情を効果的に管理できるようにすることが望ましい。

5.注意引く

何事もなくうまく遊んでいた子供が急に数分もされず、泣くなら? 子供の性向はそれぞれ異なりますが、いくつかの子供たちは、自分が泣くことに注意を引いて注目を得ることができるという行動であることを知っている。

注意は行動を強化するものだ。 悲鳴を上げて泣いて行動を停止するように言うことは、子供の実際の行動をより強化させる要素になることがあります。 子供は、このような行動をするたびに、親が自分に注意を払うという事実をよく知っているからだが、この時は子供の行動を単に無視するのが最も効果的である。 これにより、子供は自分が行動がもはや注意を引かず、否定的な行動であることを悟るようになる。

親はまた、フレンドリーな単語を使用して、ルールに従うなど、肯定的な行動のみ注意を払うことを確実に認識させるのが良い。 実際に子供が良い仕事をするとき賞賛をして子供を尊重すれば、子供はもはや注意を引くために涙を流さない。

6.ほしいものを得る

子供たちは、自分が欲しいもの、必要なものの違いを理解していない。 これは何か、自分が欲しいものが表示されたら、すぐに買ってくれという言葉が出てくること。 親がいけないと言ってたとしても、子供はすぐに床に横たわってしまい泣いて放って親を困り果てにするのが常だ。 しかし、子供のような行動に屈しになれば、同じことが繰り返されることができる。

親は共感や感情移入を最大限共有する必要が、自分を欺こうするときに見える涙は徹底的に無視することができなければならない。 なぜ子供が物を買うことができないかの明確かつ現実的な理由で子供を説得するのがはるかに賢明である。

7.したくないことの表れ

子供が現在していることのためにイライラや炎症を感じ、もはやしたいしない場合、子供は泣きを決め、周囲にあるものを投げつけるなどの性質をつかうことができる。 このような子供の感情を親は正しく認識しながら、同時に子供の権力闘争に抜けてはならない。 子供がこのような行動を見える時は断固ながらも冷静に警告を与え、それでも同じ行動をするなら、警告による結果を示すことが望ましい。

子供に悲しいか、怒りを感じても、決まったルールに従うことができなけれならないことを悟らせることが重要である。 こんなことで怒って叫びに肯定的な行動をとる方法を教えてもいい。

専門家の助け

しかし、このようなすべての行動のほか、異常に子供が運ならば、この時は小児科医と相談を受けることが最も良い。 子供が泣く根本的な理由は、健康状態に起因するものであることがありますので、医師との相談を通じて子供の健康を検診して把握する姿勢が必要である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!