Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]米国。バイオブリッツイベント開いて…生物18種の観察

/
/
/
写真出処:Kjubee / Pixabay

米国サザンオレゴン大学(SOU)の生物学の学生は、先月20日、コミュニティのメンバーと一緒にカスケード – シスキユ国定に生息している爬虫類と両生類の種に関する情報を収集した。

続いてカスケード – シスキユ国定公園の後援の下、第3回「バイオブリッツ」を開催した。 今回の行事には、SOU生物学の学生18人と地域のメンバー60人が参加した。

これらの団体は、ヘビ六匹、トカゲ5匹、カメ、カエル三匹、サンショウウオ3匹を含む18種の両生類と爬虫類を観察した。

SOUの生物学学科長であるマイケル・パーカー教授は、自分の植物学の講義もバイオブリッツに参加し、昨年1月に国定が増えたこのイベントを奨励したと伝えた。

パーカー教授は、報道を通じて「国定は、さまざまな生息地があるが、その場所にある爬虫類と両生類は多くない。 このバイオブリッツイベントは、市民が新しい保護区の多様性を見て体験できる機会を提供する」と説明した。

オバマ元米国大統領は、1月の遺物法によりカスケード – シスキユ国有地4万7624エーカーを国立記念碑として指定した。

この国定公園は、オレゴン州に4万2349エーカー、カリフォルニア州5275エーカーに分かれており、全体の面積は13万7,500エーカーである。

一方、新たに就任したトランプ大統領は、これらの措置を検討して面積の資金を撤回したり、規模を縮小することを提案した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!