Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]米国内の頻繁な自然災害

/
/
/

米国は巨大な国であり、自然災害が頻繁に発生する。

森林、スプジ、高原砂漠、さらにツンドラ、それに加えてファーマシー、睡魔、空気、さらには地球の核から生じた様々な要素が自然災害を作る。

米国は、インドネシアの次に竜巻と活火山が世界で最も多く発生するところである。

また、竜巻と火山によるものではなく、少ないが猛暑による被害も深刻である。

地域ごとに異なり、表示される地質学的要因と急速に変化する天候は、米国内のいくつかの自然災害や惨事を生む。

強い強度の嵐、山火事、地滑り、雪崩、シンクホール、吹雪、洪水、干ばつ、熱波、地震、火山や竜巻などは一年の中でいつでも危険をもたらすことができる。

米国地質調査所の副であるデビッドエプルゲイトゥは「米国は本当にさまざまな自然災害が発生している国でいくつかの地域では、特定の自然災害現象が顕著に現れるところが存在する」と述べた。

次に、最も危険な自然災害は何であるか

スーザンカッターはこれについてどのようなことに焦点を当てかによって変わるし、同僚の研究者と一緒に、1960年代以降、米国で発生した自然災害による死亡と被害事例を調査した。

その結果、1960年以降に発生した自然災害は、フロリダが最も深刻な被害を受けたことが分かった。 フロリダ州に最も大きな被害を口ヒョトドン自然災害はハリケーンにそれに加えて、洪水と山火事もあった。

カリフォルニア州の場合山火事、地震、洪水、暴風の自然災害に財務上の損失の面で、フロリダ州、以下にその被害が多く、米国で発生するすべての種類の自然災害がカリフォルニアにある現れたものと思われる。 ルイジアナ州は、カリフォルニア州、以下に財政的な被害が大きかった。

自然災害によって発生した財政被害が大きいとして人命被害が大きかったのはなかった。 調査の結果、深刻な洪水と天候のため、テキサス州での自然災害で死亡した事例が最も多く、イリノイ州の場合、1995年にあった悪名高いシカゴ猛暑のように猛暑による人命被害の規模が、テキサス州、以下に大きかった。

カッターは、米国内で発生する自然災害の将来を考えてみると、数十年以内に、気候変動が米国内の自然災害の地形学的様相を変化させると言う。

カッターは、気候変動に応じて、火山や地震のように地質物理学的な原因で発生する自然災害はそのままだが、その以外のすべてのものは変化するだろうと見込んでいる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!