Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]絶滅の危機、アジア巨大育ち、復元のオブジェクト回復

/
/
/
写真出処:ウィキメディア

アジアの巨大スッポン子150匹を自然に戻し種復元に大きな助けになると思われる。

アジアの巨大育つ絶滅したと知られたが、2007年のカンボジアのメコン川茎から発見され、後にした団体が、この育ちの知るを収めておいて卵が孵化した後、子育ちを知るが発見された生態系に戻って戻った。 地元の動物保護プログラムが運営されており、野生育ちのオブジェクト数が増えた。

カントールの巨大スッポンやカエルの顔をしたカメという名前で呼ばれるが育つ淡水に住んでいるカメの中で最もサイズが大きい種であり、独特の特徴を持っている。

アジアの巨大育つほとんどのゴブクイグァ動物が持っている硬い殻を持っていないゴムの質感の厚いサルガジュクに覆われた一つついている肋骨が甲羅の役割を代わりにする。

この育つまた生のほとんどを砂や泥の中で目のコマン出したまま過ごし、隠れている状態で、餌を釣っジャックのための爪、動きの速い頭、そして骨を割ることができる程度に強い顎を持っている。

このザラは生息地を失うと同時に卵と肉が食用に使われることができ、無分別に捕獲され、最終的にはIUCNの選定絶滅危惧種に名前を上げることになった。

以後野生動物保護協会(WCS)と、カンボジア、水産資源庁(FiA)、カメ保護協会(TSA)の共同の努力で、絶滅の危機に追いやられ育っ者の状況が良くなっているようだ。

動物保護団体によって運営されている地域社会プログラムは育っ保護多岐の方法でアクセスしているが、そのいずれか、非常に簡単な問題の解決方法を使用する。

その方法は、以前にザラを取得していた捕獲者を雇用し育っ巣を見つけ、保護にすることだが、その結果、2007年以降、329個の育っ巣がしっかり守ってたし、ここで7,709匹の子が生まれた。

育っ子は今回生まれ、自然に戻った150匹の子たちの中で一匹である。 これらの種保全への取り組みがなければ、地球上に存在するもう一つの驚異的な生物種を失うというものであり、何よりも、世界で最もかわいい姿をしているカメが水に向かって走って行く姿を写真に収めることができなかっただろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!