Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]群れて音上げる子供、親の関心が必要だから

/
/
/

子供がこのごろ群れを書いたり、イライラが急激に増えた場合は、これは親の注意が必要だという意味だ。 しかし、両親は仕事と家事など気を使わなけれことも多く、することも多いため、子供に十分な関心をこぼさないことが多い。 このような場合にどのように子供を接しますか? 関心をする子供が見える行動パターンとそれに伴う解決策を調べてみよう。

なぜ子供たちは関心を要求するか?

著名な心理学者であり、結婚、家族関係のカウンセリング匹ハートウェルウォーカー博士は精神衛生の専門ウェブサイト佐伯セントラル(PsychCentral)に「子供は親との会話が十分でないと感じたときに関心を求める行動をする」という記事を掲載した。 つまり、子供はママとパパの関心が十分でないため、親に関心を要求し気するものである。 痛いアピールするのはもちろんのこと、親を気にすることも一緒に時間を過ごそう信号である。 ハートウェルウォーカー博士は「親が子供に完全に集中する時間は平均で一日にわずか3.5分という結果が出た」と言及した。

子供は親とどのようにコミュニケーションするかわからないので注意救う行動を見せることの事例がいくつかある。

▲関心を持ってもらう泣く子(出典= Flickrの)

親が子供を接する3つの方法

米国の教育専門サイトファミリーエデュケーション(familyeducation)は、親が子供の行動を制御する際に、3つの方法を見られるとした。 ▲正関心▲否定関心▲無関心な方法で、これ関心救う行動と接続される。

肯定関心は、主に子供の行動に肯定的な影響を与える。 このように関心を表現することは、生活の中で積極的に関与するだけでなく、子供が取り付けする仕事をする時賞賛をしたり、勇気を与えること、抱擁を与えることなど、子供が愛されていると感じさせてくれる。

一方、否定的な関心は、むしろ子供たちが間違った動きをするようにする。 子供が誤った場合にのみ、親の関心を受けるなら、子供には関心がすぐに罰として感じられ、親の関心が高まっれるたびに愛されないと感じている。

一方、無関心は、親があまりにも忙しく、子供がしたどのような行動にも注意を払うことができないことをいう。

不足しているの関心はすぐに問題行動に

十分な注意を受けていない子供は、最終的に誤った行動に親の関心を得ようとする。 ファミリーエデュケーションによると、誤った行動をした場合にのみ、親が関心を示す場合、子供は誤った行動をしようとする傾向を持つ。

▲感情的な安定を与える親の肯定的関心(出典=ピクサーヒオル)

子供に肯定的な関心与える法

忙しすぎて子供に十分な注意を与える厳しい親のためのいくつかのヒントがあります。

1褒めてやれ

ウェブサイト佐伯セントラルは賞賛が子供に肯定的な影響を与える最高の方法だと言う。 子供たちが肯定的な関心を十分に受けるならば群れを書いたり、暴力的な行動をするなど、関心救う行動をあまりということだ。

2毎日子供との時間を送って

米国の日刊紙USAトゥデーは、「食事をするかどうか、自分の前に本を読んでジュドゥン親は子供との楽しい時間を過ごし、子供の欲求を満たしてなければならない」と話す。

3誤った行動を見ぬふりしろ

ほとんどの親は、子供が誤ったとき警告をしたり、叱って、蜂を与え、子供を修正しようする。 しかし、佐伯セントラルに紹介された主張は違う。 親の即時訓戒は、むしろ子供の関心救う行動を煽ることができるというもの。 音上げたり訓戒せず、子供がしばらく一人の時間を持つことができるように放っておいた後に子供との時間を過ごすことがいい意見だ。

4コミュニケーションの方法を教えてやれ

親が忙しい子供に関心を与えない日が続い続くなら、子供はイライラをあけたり、群れを書くようになる。 「今はお母さんお父さんがあまりにもバプニしばらく楽しく遊ぼう」と述べたの信号を決めお母さんと一緒にしたいときに群れを書くのではなく、信号で表現するように話してあげよう。

5のように過ごす時間を計画しなさい

USAトゥデイは「親がいくら忙しくても計画を立てる子供と一緒にする時間を持つことができる」と言う。 もしあまりにも忙しいなら、仕事が多終わるまで待つと言う代わりに、横から子供が遊ぶのが見てみると先に行く。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!