Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]群れ書く子供、母親の養育態度に否定的な影響及ぼし

/
/
/
▲ソース= Flickrの

米国イリノイ大学人間開発とガジョンハクグァのナンシーメクエルウェイン教授チームは、子供の否定的な行動が母親の心理変化を起こし養育態度にまで影響を与えることができるという研究結果を発表した。

子供がむずかっながら群れを書くなどの負の感情を表出したり、礼儀のない行動をしたときに、親ごとに異なる反応を示す。 子供を優しくなぐさめ静める親もいるが、自分が怒ってラフな状況を制圧する親もいる。

今回の研究で、子供が否定的な行動をする際に「ママのサポート」(maternal support)行動が子供に影響を与えることを立証する研究結果が出た。 研究の目的は、「悪いママ」を選別するのではなく、子供が反抗行動をするとき、親がよく対応できるように支援することである。

この研究に参加したイリノイ大学の博士課程の学生であるニヤンツリーラヴィーンドランは「ママのサポート」には、子供の新しい経験を理解し、可能にし、子供をなだめて、状況に合わせて子供を導く行動が含まれると説明した。 状況によっては、子供の不適切な行動を誘発することから、子供の関心を他の場所に戻す能力もママの肯定支援行動に属する。

ママの否定的なサポートは、例えば、子供の行動を無視したり、子供に罰を与えることなどは、子供が自分の感情を隠すのがする。 子供は、自分の感情を効果的に制御することを正しく学んないことがある。

ママのサポートが子供の感情および行動の発達に非常に重要なだけに、今回の研究でメクエルウェイン教授とラビンドランは子供が否定的な感情を表出するときお母さんがどのよう難しくするか研究した。 子供が言うことを聞く状況でお母さんが受けるストレスの程度を把握し、母親が子供をどのよう支持してくれるのかを観察したもの。

研究者は、127人の幼児とその母親を対象に、短く簡単な実験を行った。 母親と子供を部屋に置いてお母さんがアンケートの回答を書いている間、子供は椅子に座ってにした。 子供の前に置かれたテーブルの上に透明なおやつ通の中にお菓子が入っていたが、食べてもされるという話を聞くまで、約5〜7分のお菓子に手を触れずに待たされた。 ママにはアンケートの回答作成に集中すると同時に、子供がおやつ通を開かないようにするよう要請した。 研究者は子供にお菓子を与える前5〜7分間母と子の行動を観察し、15秒単位で記録した。

ラヴィーンドランは「実験結果ほとんどの子供たちがお菓子を食べるために母親を妨害する行為をした」と明らかにした。 子供たちは母親のペンをつかむなど、お母さんの注目を集めるための行動をした。 いくつかの子供たちは、おやつ通を開き、お菓子を食べたし、頑として群れを書く子供たちもたまにあった。

子供の行動に母親の対応も多様だった。 いくつかの母親は、子供の関心を他のところに回そうか、子供の行動をそのまま認めた。 子供に今お菓子を食べることができない理由を丁寧説明し、子供の理解を求める母親もあった。 一方、子供の行動を無視したり、子供を別の場所に行くか、まったくおやつ通を片付けてしまうなどの否定的な対応姿勢を見せた母親もいた。

それ以来、母はこのような状況では、普段自分がどのように反応するかのアンケート回答を作成した。 たとえば、子供が倒れて、怪我をして、腹を出すときに、自分も怒っアップ、怒ったらどの程度なのか序列ようにした。 結果は非常に興味深かった。

研究者は、画家の多く出る答え母親は、実験が行われている間、子供に低い支持と否定的な対応姿勢を見せたという事実を発見した。 これらの子供がいつもより激しく不平とテンガンをふるった後に初めての子供を支援する姿を見せた。

これに対してラヴィーンドランは「15秒間の子供がお母さんを妨害する行為をしたとき、画家の多く出る回答し母親は次の15秒間子供をあまりサポートしている姿を見せた。 子供の行動と母親の反応の間に時間差があった」と述べた。

この実験では「時間差現象」は非常に重要である。 時間差を使用して子供と母親の関係および行動について多くのこと知ることができるからである。

▲ソース=ピクサーベイ

メクエルウェイン教授は、もし子供の行動と母親の反応に時間差がなければ、何が原因で何が結果なのか因果関係を把握することができなかったと説明した。 ママのサポートが減ったので、子供が不適切な行動をしたのではなく、子供が不適切にカキたときママのサポートが減ったことを確認した。 これらの時間差現象は、画家の多く出る答えママたちの間で多く観察された。

この研究に基づいてラヴィーンドランは「親は怒っ状況で子供に接するとき、より注意を払う必要があり」と結論付けた。 また、「子供が群れを書いて怒る瞬間こそ子供に感情について教える最良の時」と強調した。 感情についての子供たちが知っているように教えなければなら後で同じような状況に置かれても言葉で子供を静めることができるからである。

子供を養う見ると、しつけをしなければならない時があります。 ところが、親の感情が激しくなった状態で、しつけハダガンややもする親の「八つ当たり」になることもある。 子供の不適切な態度と礼儀のない姿に親も腹が立って傷つく。 しかし、長期的に効果的なしつけのためには、子供が否定的な行動をしても少し参考感情的な対応を自制したほうが良いだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!