Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]聴覚疾患、認知症の危険性を高める

/
/
/

聴力を失った人々は、記憶力と思考力に困難を経験することができているという研究結果が出た。

エクセター大学の年齢関係疾患専攻の教授であるクリーバーバラードは「聴覚疾患は認知遂行能力の下位5%以内にあり、このうち50%は、認知症を経験する確率が高い」と述べた。

エクセター大学の研究者は、783人の健康な中年参加者の認知能力を分析した。 実験対象者の半分以上の親のいずれかが、アルツハイマー病に苦しんでいた。 4年の研究の末、聴覚障害を持つ人が健常者よりも、アルツハイマー病を経験する可能性が高いが示唆された。

この研究では、アルツハイマー病の傾向がある人を対象に実施された。 研究結果は、聴覚障害の患者が軽度認知損傷に脆弱であるという事実を示している。

他の研究では、深刻な聴力障害を経験するほど、より簡単に、認知症にかかることが明らかになった。 聴覚の問題が認知症の発症要因の一つであるか、認知症が難聴の主な要因であるという点ははっきりしないが、聴覚障害を治療する認知症にかかる可能性を下げることができる。

米国では、研究者が6000人の参加者を対象に食生活と認知遂行能力との間の関連性を調査した。 地中海または類似の食事習慣を一年近く維持した人のうち35%が認知測定時の高得点を得るという事実を明らかにした。

悪い食習慣が認知症につながるという研究結果はなかった健康的な食事を維持するほど病気を取得する可能性を下げることができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!