Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]胎教音楽が胎児の発達助ける

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

健康媒体キュア締め付け胎児の発達に関する報告書で、刺激反応が胎児の発達を助けることができると報じた。

記事によると、認知能力を最も向上させる刺激反応は聴覚で報告した。 胎児に音楽を聞かせることが最も効果的に胎児の発達を助ける方法ということだ。 実際に多くの母親がテギョボプに胎教音楽を聞かせることを好む。

しかし、胎児はどのように音楽に反応するだろうか? そして、いつどのような音楽を聞かせてくれるのが、胎児にいいかな?

聴覚刺激に敏感な胎児

胎児が最も敏感に受け入れる刺激は聴覚である。 胎児は受精後8〜12ば音を聞くことができ、20週で、聴覚器官がほぼ完成されてお母さんの体の外に発生するほとんどの音を聞くことができ、大きな音に反応を見せたりする。

胎教音楽を聞くことは、胎児の集中力を高め、言語発達に効果があり、体の成長を促進するのにも効果があることが明らかになった。 レポートによると、胎教に音楽を聞かせることを27週間後に開始しなければならないとする。

また、騒々しい音は子供の成長に問題を引き起こす可能性がありますので、80dB未満レベルの落ち着いた音楽を聞かせることを勧めた。

光胎教旅を通して穏やかな自然の音を聞かせてくれるのも、胎児の発達を支援する聴覚刺激である。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!