Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]英国で一日の飛行アリ

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

英国では、一日に一度に多くの蟻が空中を飛行する。

英国の飛ぶことができるアリは家の裏庭で通常見ることができる黒一般アリであり、雄アリと女王アリのみになる。 アリが飛んでいる理由は、交配のためにある。

蟻が交配をする時期は、通常、7月や8月で、まさにこの時期の天気は女王アリが交尾をして群落を形成するために最適な天候である。

アリは飛行をする途中で交配をし交配が終わった女王アリは翼を自ら外してしまって地面の下に新しい蟻の巣を建てるための適切な場所を見つけて通う。

一方、アリコロニーで交配鉄のみ生まれるオスアリは、新しい女王アリと交配をすることが唯一の役割である。 交配が終了すると、オスアリは一日か二日しかより住んでいない。

英国で多くのアリの群れが一度に飛び立つときにぴったりの日だけだ。 このとき、全国で同時に何百万匹の蟻の群れが同時に地面に上がってくる。 このような現象に対応する日には、飛び回るアリの日というニックネームがついた。

しかし、英国の多くの人々は、何百万匹の飛んでいるアリの群れの姿を快く思わない。 このような現象が持続する期間が一日に過ぎないが、アリの群れのために生活に多くの不便をもたらすためである。

アリの群れによってスポーツイベントが中断されたり、人々の髪、服、そして車のフロントガラスにアリが付いて運行に支障をきたすこともある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!