Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]親が必ず知っておくべき「幸せ子供育てる法」

/
/
/

すべての親は子供が健康でスマートで成功した人生を生きることを願う。 これ子供に最もよいものを開発するように奨励し、支援するために、同時に子供が幸福感を感じることができるように感情的な部分にも多くの神経を使わなければならない。

子供の幸せを親の優先順位に置いて能力を強化させることが賢明な方法である。 親がそのためにできることを調べてみよう。

幸せな子供の教育

1.他の子供との比較を禁止 :何であれ、自分の子供と他の子供たちの成果と業績を比較してはならない。 専門家は、このような比較の傾向は、子供の自信と自尊心に傷を与えることができると指摘する。 子供はいつでも世界で自分の成果を追求するのでそのために子供のアイデンティティをきちんと作成することができるよう支援することが賢明である。 アイア自分ではなく、他の人のようになるように圧迫や強要を加えてはならない。 欲しいものを探求し、自分のスキルを開発できるようにするのが良い。

子供をそれ自体と認めることは非常に重要である。 他の札や非難行為は長い間傷として残ることができ、否定的な結果をもたらすことができる。 親は常に子供に良いことを言って肯定的なものを強調することができなければならない。

2.努力なのか :「楽観的な子供に育てる(Raising an Optimistic Child:A Proven Plan for Depression-Proofing Young Children-for Life)」の著者であるボブ・マレー博士は、結果よりも、その過程で注ぐ努力に賞賛を惜しまならとアドバイスした。 子供が目標を達成するために入れた努力と過程に焦点を合わせることが重要であり、持続性と忍耐、努力を通じて成功を導くことができるように教えることが重要である。 子供が目標を達成するために行った小さなマイナーおよび特定のまで親は多覚えて賛辞を送ることができなければならない。

子供にとって親が自分を認めることができるよう証明しなければなら感じ作らならない。 バークレー大学グレーターグッドサイエンスセンター長クリスティン・カーター博士は、親が子供を成長型の考え方で育てなければならないと述べた。 成長型の考え方を持つ子供は、失敗したときに、他の人の意見を気にしないと説明した。

3.責任付与 :子供に完全な責任を付与することは非常に重要である。 重要なことを責任を持って終えると、自分が家族で重要であり、必要な人という考えをするようになるからだ。 子供の力を発揮できる役割を与え、これによる貢献度を認めると、子供は幸福感をより長く導くことができる自信と所属感が強化されることができる。

4.絆の構築 :子供とのコミュニケーションに重点を置いて子供が何を感じ何の感情を持つのかを把握することができなければならない。 子供が自分が持っているすべての感情をそのまま感じることができるようにすることも、自分を表現するのに非常に重要である。 児童精神科医であるエドワード・ハロウェル博士は、連帯感に満ちた幼年時代は幸せの鍵と強調した。 続いて愛されて理解して感じたいすべての帰属意識と連帯感は感情的な苦痛と危険な行動に反する最大児童の保護者になることができると付け加えた。

絹の家族だけでなく、他の人との関係も構築することができるように、親は助けなければならない。 ゴンガムリョクを強化させることができるように親切な些細な行動をすることができるようにすることは有効である。 子供はこれにより、長期的に見ると、より満足して良い人に会うことができる。

5.成功と失敗の経験 :技術を学び、磨くことができる機会を提供することは必須である。 子供にとっての生活の基本を経験して、自分ができることをすることを見て観察しながらサポートをしてくれる方がいい。 子供が苦労していることを見るというのはなかなか難しいことが、障害のために、再試行して、より上手にできることを学ぶことができる。 楽観的に教えて、子供が失敗の良い面を積極的に見ることができるよう奨励しなければならない。

6.楽しく遊ぶ :子供たちに楽しさを感じる自由を与えることができなければならない。 年齢が含まれて存分に笑うことができた過去幼年時代を振り返ることができるような経験を設けるくれること。 子供たちは遊びながら、多くのことを学び、自分のスキルや身体能力を開発する。 学生なら読書と課外活動に時間をバランスよく扱うことができるようにしなければならない。

児童心理学者であるピーター・グレー博士は子供は大人ではなく、他の同年代から最も重要な教訓を得ると述べた。 博士は、子供たちが持つ有益な相互作用が大人と関連している場合は学習がはるかにオリョプダミョ、遊びの時間を介して、親の監督なしで集団で仕事をして分けて述べて競合を解決する方法を学ぶことが賢明であると助言した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!