Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]親の忍耐をテストする言葉聞かない子供たちは、「落ち着い断固非統制的アプローチ」を活用せよ

/
/
/

自分をよく制御できず勝手に行動する年齢の時の子供を育てることは、親にとって非常につらいことである。 言葉も聞かないだけでなく、むしろ、親の言葉とは対照的に行動したり、衝動的な姿を見せることができるから、この場合は、親が瞬間的に自分を制御できず、音や叫び声をかことができる。

しかし、ご存知のように、子供に大きな音を立てて小言をやっつけることは決して何の助けにはならない。 「子どもの発達」誌によると、子供に声を上げることは、体罰と同じくらい無謀で、これに加えて行動発達と情緒的発達の問題を引き起こす可能性があります。

つまり、思春期に入って破壊的な行動を呼び起こす恐れが多いということだ。 また、成長しながら子供も暴力に依存する傾向を示すこともでき、副作用が発生する。 実際に「結婚と家庭」誌に掲載された研究によると、12ヶ月の間に、親によく大きな音を聞いた子供たちは、自尊心が低く、他の人にうつ症状と攻撃的な行動を示す危険性が高いことが分かった。

最後に、このようなすべての悪影響を考慮すると、親が勝手に行動する子供に最も賢明に対処する方法は、忍耐しながらじっくり扱うこと。 これと関連した学者は、「落ち着いて断固とした非統制的な方法」を助言した。

(出典= Flickrの)

落ち着い断固非統制的アプローチとは?

心理学者であり、対人関係の専門家であるジェフリー・バーンスタイン(Jeffrey Bernstein)は、物静かで断固とした、非統制的な方法が子供たちに最高の最良の方策になることができると、スーザン(Susan)という女性の例として、これらのアプローチを提案した。

スーザンは10歳の息子ロビー(Robby)と8歳の娘サラ(Sara)がある。 10歳ロビーはしかし母親の言葉を正しく聞いていない子で、一度弟のサラを荒く押しのけ是非をかけた。 この光景を目撃したスーザンは、まさに子供たちにかかってきたし、ロビーに弟に謝罪しろと述べたが、ロビーはお母さんの話を聞く代わりに、むしろ母親の言葉をまねて植栽を不快にさせたこと。

この場合、ほとんどの親は、ロビーの行動に腹を立てて音を出し魂を私のだろうが、スーザンの選択は違った。 彼はすぐに落ち着いて断固とした非統制的な方法を活用した。

まず、落ち着いて冷静にロビーが弟に謝っする話したし、グダウムエン断固口調で弟に謝っよう伝えた。 そして最後には、ロビーが弟に謝っていないかもしれないが、リンゴと気分がはるかに良くなるだろうと述べた。 この言葉は、ロビーに強制的に謝罪をさせることがなく、子供に正しい方向に行くのがどのようにしてかどうかを知らせるジェスチャーになる。

最後に、ロビーはサラに自分の行動について謝罪した。 もちろんロビーは心で沸き出るリンゴをしませいなくてもスーザンはロビーの努力を褒めてくれ激励を惜しまなかった。

この物語は、子供に大きな音を出すことが最終的な解決策になることができないことを示す実際の事例だ。 体罰がなくても、一度叫んを上げ、大きな音を出すことは、子供の成長において情緒的な悪影響をもたらす。

このようなアプローチは、もちろん親の立場では、ストレスを受ける状況になることがありますが、最終的には子供と親の両方に肯定的な影響を与える可能性があることを知っておこう。 また、児童しつけにおいて、親の視点を向上することができてもいい。 他にも、親が自分の心を治めることができるためのいくつかのヒントを紹介する。

(出典=ピクサーベイ)

正しい親になるための指針

1.子供たちは意図的に誤った行動をしたりする。 まず、ストレスを受ける前に、自分も子供だったときイレトドンことだった自分の親も同じ経験をしたという考えをしてみよう。 また、子どもが間違った動きをしたはあっても一部の親を悩ますためにした行動ではないことを知るべきである。 このような経験が、親がされ苦しむ一種の教訓と悟りに考えた方が良い。

2.怒りや化を誘発する根本的な要因は、避けた方が良い。 例えばソファでジャンプして飛び降り行動、食事の時間にご飯は食べずタンチョン万吸う行動など最少が、親のイライラを誘発するような行動に敏感に反応すると、最終的に自分の問題にまでつながる可能性があります。

3.子供の行動において誤った原因が何なのかを把握することができなければならない。 共働き夫婦なので、自宅で子供が一人で退屈するとか、あるいは弟が生じ、自分に粗雑になるという感じを受けるとかするなどのいくつかの状況を把握し、しっかりとした解決策を見つけるのが良い。 子供と一緒に時間を過ごして家事をするときは、子供も参加させて親が子供と一緒にいながら絆を向上させる必要がある。

4.ストレスを受ける状況では、大きく深呼吸をして、過度に執着していない方がいい。 化を必要する状況であれば、声をあげる代わりに中に数字を数えながら息をしたり、ちょっと外歩いて帰ってくるのが良い。 以後子供対話を通じて問題を解決する。

5.子供の話を聞くことは基本である。 これは子供が現在直面する問題や状況、感情を知ることができるだけでなく、子供の誤った行動を誘発する要因も知ることができる。 また、子どもが親ともっと話をしたい感じがするようにする。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!