Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]親も間違えることができる。養育で発生する様々なミス

/
/
/

世の中に完璧な親があるか? 子育ては容易ではないことである。 子供を育てる時巨大な感情の起伏を経なければならするほど、その難しさは言葉で説明するのは難しい。 時には親は、自分が子供に否定的な影響を及ぼしているという事実を知らないこともある。 一般的な養育間違いはどのようなものだろうか?

子供のために無条件だくれること

親は子供のことなら些細なものまですべてを入念に取りまとめる傾向がある。 しかし、子供たちは、自分を学ぶ必要がある。 子供のすべてを入念に取りまとめる親は子供のためのすべての詳細を記録しておき、すべてのことが順番に行われることを望む。

しかし、この場合、子供が親に過度に依存することになり自分で決めること難しくなることができる。

また、自分の人生を自分で作ることを学ぶことができなくなる。 自分の感情について、未成熟な行動、または親が自分の代わりに考えてくれる眺めがされることもできる。

子供のために些細なことまでもしてくれるのは、子供のためによい行動ではない。 しかし、だからと言って、子供の基本的な要求だけ満たしてくれるのが親の役割ではない。 親であれば、子供は成長していくものであり、将来の自分の人生を自分で生きて行かなければならないという点を理解する。 ので、お子様が子供の頃からの独立性と主体性の価値について教えなければならない。

誤った例を示すもの

親は子供が正しく行動するように教えなければならしかし、親自らが模範を示さなければ無駄がない。 親が子供よりも年齢が多く、家庭での権限を握っているという理由だけで、自分が常に正しいと主張するなら、子供に不適切手本になりやすい。

一部の親は、子供に与える影響を考えずに子供に緊張を出したり、子供に傷がされている言葉を吐き出したりする。 子供が親に自分の考えを表現したいと思っても、親が子供と正しく通信していないか、またはあなたの子供の言葉の耳を傾けなければ問題になることもある。

親がプライドがセン場合は、自分の問題が何であるかのかしていない子供との関係で強圧的な態度を見えやすい。 このような親の下で育った子供の場合、後に大人になって親から受けていない愛情、理解し、認識を他人から切望される。 子供に不適切例を示すことは、家族の中で誰にも助けにはならない。

子供を継続して叱責する習慣

一部の親は、子供がよくやったことを認めてくれず、子供がミスをするとすぐに腹を立てて過剰反応する場合もある。 子供をこのように継続して叱責するだけならば、子供の自尊心や自信に否定的な影響を与えることができる。 また、子供は親の気持ちを傷つけないために過度に多くの考えをした残りの親の不安が大きくなることもある。

もちろん子供の行動に改善が必要な場合や、十分な説明が続いた後は、子供を叱責することの効果がある場合もある。 しかし、子供に声をあげたり、子供が恥ずかしさを感じさせるならない。 この場合、親と子の間の関係が悪化することができる。

一貫性がない養育方式

親との間の養育方式が異なる場合、または養育方式が一貫性がない場合もある。 親が子供に異なるルールを適用すれば、子供は混乱ししかない。 また、親が養育方式を継続して変えるなら子供は親への信頼を失うことができる。

親は子供に対してそれぞれ行動するよりも、子育ての方法についてお互いに話をしなければならない。 また、子供に同じメッセージを伝えて、子供が家庭内のルールを正しく理解できるようにしなければならない。 これにより、子供は親のために尊敬を高めることができる。

不要な比較

一部の親の場合、兄弟間の能力や学業成績を比較したりする。 いくつかの子供の場合、勉強をよくするが、それとは違って勉強より運動をより上手子供たちもいるはずだ。 ための成績だけが唯一の成功の尺度と考えるのは間違った方法である。

子供たちはそれぞれ得意分野が異なることを理解しなければならない。 成績が落ちたとして子供が学校生活を間違っていると断定することはできない。 成功した起業家たちの多くは、学校での落第した。 子供が高い成績と賞を受けるだろうが、だからといって子供に不必要な比較をし圧迫してはならない。

親は子供の個別性を尊重してくれて、子供に合った指針を与えなければならない。 他の子供たちと常に比較するよりも、子供が自分の可能性を信じることができように教えることが、子供の幸せと成功にさらに役立つ。 成功と幸福の定義も個人ごとに異なるものだ。

子供を幸せに育てるためには、親として、自分が間違えているのはないか振り返ってみて間違った方法は変えなければならない。 これを通じた親と子の関係がより健康になって、家族みんな幸せになれるだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!