Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]親を当惑する子供の行動、正しいしつけ法は?

/
/
/

子供をしつけることは困難か、子供がまるで別の世界の存在のように感じられたら、親は非常に恥ずかしさを感じさせている。 公共の場で走り回っずおとなしく座っていたり、親の言うことをよく聞く他の子供を無意識のうちに見て「なぜ私たちの子供は私の子供たちと違う?」とか「一体どうしつけべきか?」と自問することになる。

子供を持つ親なら誰もが一度は経験する問題だ。 親が思っている最も一般的な錯覚は、子供が成長していくすべてのものを自然に学ぶということだ。 しかし、これは誤算だ。 親が成長期の子供たちを教え、指導していなければ、子供はきちんと育たない。

正しい考えを持つ親であれば、子供が甘やかされて育っ制御されないように口を放っておくことができだろう? 十分な知識と解決策を持って子供を扱うことができなければならない。 親として直面することが困難と子供を適切にしつけする方法を調べてみよう。

公共の場でイライラ張る

親の期待とは違って、腹をブリジない子供はほとんどないだろう。 ただし、親の指導の下で、その過程を克服するかないのかの違いがあるだけである。 もちろん、自然に解決されることはない。 子供が腹を張ることを無視すれば、憂鬱な子供に育つようになって難しい思春期を経て利己的な大人になって、最後には、こだわりの夫あるいは妻になるだろう。

通常子供は欲しいものを得なかったとき腹を揮う。 人が多いところで床に横たわって音を出して泣く子もいる。

親を困り果てにする子供のような行動、問題を解決することは可能である。 子供が腹をくちばしたり泣いたときの行動を制裁したり、その場に置いて席を浮かべる。 子供が持続して、同じ行動を見せるならば、どのような代価を払っても、あるいは状況が不便も子供をそのままべきである。 この方法で子供たちは、親の言葉どのよう真剣なのか分かるようになる。 いくら腹出しても欲しいものを得ることができないことを知ると、腹を出す頻度を減らしていく。

身体的暴力

足になるか、頭を引っ張り、殴ったり止まる行動は、子供が通例できる身体的暴力である。 親は子供が腹をつかうときのように、このような行動は容認されていないという事実を知らせ、暴力的な行動を示すとき罰を与える必要がある。 かといって子供を同じように止まるか、または殴るなどの行動をしてはならない。 親がそのような行動を見せると、子供は暴力的な行動をしても大丈夫だと解釈することになる。

身体的な暴力も一種の過敏であり、怒りの表現である。 子どもたちは、自分に苦痛を誘発した人を殴る行為には、複数たと思って安堵感を感じるようになるだろう。

子供のこのような行動に対処する最善の方法は、子供に怒りの理由を尋ねるものである。 怒りをなだめることができることは何なのかもよう教えてもらっている。 子供は親が自分の言葉に耳を聞いており、自分の苦しみを理解していることを知ったがる。 積極的な子供は肯定的な育児と思慮深い指導が必要である。

嘘を

子供たちは、最初は些細な嘘をしたり、悪意なく嘘を開始する。 ケンブリッジ英語辞書によると、悪意のない嘘や善意の嘘は「誰かに真実を教え化をそそり宇治ないようにするために、あるいは礼儀正しい行動のために嘘」と定義されている。

目標は、良いものも目標を達成しようとする方法が間違ってたなら、より大きな態度の問題に発展することになる。 適切なしつけが行われない場合は、些細な嘘をつく子供はより大きな嘘をする子供に育ってされて子育てがもっと難しくなる。

子供が嘘をすれば、間違いも許してくれることを思い出さなければならない。 そして過ちを認めることが嘘をつくこともよいことを知るくれるならない。

者に恐怖

毎晩続け遊びたいと火をオフにしない場合、その理由を調べてみよう。 暗い夜、眠ることの恐怖を持っている子供なら、まずその恐怖を解消してくれる必要がある。 子供と一緒に外に出てコオロギの音を聞かせることもあり、木を指し木が作り出す影を指で探って与えることもできる。

親が送信さ愛で子供は恐怖を十分に克服こなすことができる。 時には子供たちが怖がっているのは、実際のではなく、すべてのものが大丈夫であることを確認しさせてくれることもある。

子供を育てることは、多くのことをしなければならないということを意味する。 子供がより良いものに育つようにすることは、純粋に親の役割である。 問題行動を示す場合には、時間をかけて着実にしつけする必要がある。 何を一度に固定されるが難しいですが、親まず忍耐を持ってしつけなら効果を見ることができるだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!