Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]赤ちゃんの突然死」乳児突然死症候群」の原因と予防策は?

/
/
/

乳児突然死症候群(SIDS)は、健康な赤ちゃんの突然の死をいう。 ズワイガニ解剖を通じて、その原因や発生機序が明らかにされない。

乳児突然死発生頻度が最も多い時期は生後6ヶ月前後と、女の子よりも残ってに発生頻度が高いと伝えられる。 米国では、乳児10万人当たり50人の突然死したことが分かった。 ほとんどの午後10時から午前10時までの間、睡眠中に起こることで有名である。 北米では、「ゆりかご社」とも呼ぶ。

乳児突然死症候群の原因は?

乳児突然死の明確な原因はまだ明らかにされなかった。 早産や低体重による発育遅延と脳異常、異常高熱や体温の上昇に起因する呼吸障害などが原因と推定されるだけである。

米国で乳児突然死解剖資料を伝授調査したところよると、乳児突然死で死亡した赤ちゃんの中、15〜25%が、中枢神経系障害、心臓もしくは肺疾患、感染があったことがわかった。 しかし、突然死の原因を正確に究明するために、資料が不備が実情だ。

ただし乳児突然死の危険性を高めるいくつかの危険因子は、明らかになった。 専門家が挙げる危険因子は以下の通りである。

1.遺伝的要因

赤ちゃんの兄弟姉妹やいとこが乳児突然死で死んだ場合、一般的な乳児よりも乳児突然死の確率が高い。

2.受動喫煙

喫煙者と一緒に住んでいるか、母親が妊娠中の喫煙をした場合には、一般的な乳児より乳児突然死の確率が3倍ほど高い。

3.早期妊娠

早期妊娠も乳児突然死の可能性を高めることが明らかになった。

4.人種要因

アフリカ系アメリカ人と北米先住民乳児が白人、南米人、アジア乳児より乳児突然死の確率が高い。

5.トンボ

兄弟も部のすべての赤ちゃんとベッドを共にする場合、乳児突然死の確率が上がった。 赤ちゃんが異常があるときに備えてのように寝るのはいいが、赤ちゃんと十分な距離を置くことが望ましい。

乳児突然死予防法は?

乳児突然死は、正確な原因を知らないので、100%正確な予防策もない。 だからといって手を置いているわけではないこと、できることの努力は怠ってはならない。 親は子供のために睡眠姿勢をはじめとする安全な睡眠環境に気を使う必要がある。

乳児は昼夜を問わず、床に向かって寝かせなければならない。 また、睡眠中の呼吸の妨げになる可能性があるものは、なるべく取り除くことが良い。 寒いかと思っても厚く塗るか、または重い布団を上書きば赤ちゃんはむしろ呼吸困難という点を留意しなければならない。

また、母親は妊娠期間に赤ちゃんに悪影響を与える可能性がある行動は絶対に避けなければならない。 前述した喫煙が代表的な例だ。 喫煙量に応じて、乳児突然死の発生率が少なくとも3倍上昇するという点を忘れてはならない。 出産後、受動喫煙も必ず注意しなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!