Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]農作物代行、大きくなっていく都心農場

/
/
/
写真出処:ピクサーベイ

都市に住む子供たちは野菜の栽培はもちろん、土、一度触って見る機会が多くない。

最近新たに行われる「家庭菜園教育」が学生に非常に肯定的な効果を与えているとする。

農地として使うことができる空間が大きくない街に位置し、私の自宅の庭に作物を直接栽培するのは新しいことである。

目鼻庭新しいなしで忙しい生活を生きる人々には、作物を植えて育てることは手にあまるだけである。

これは物理的な努力なし自宅で育てる作物を育てたい、家庭や会社のために都心の農場企業が存在している理由である。

ジン驚いと彼女の夫バードは、米国シカゴに位置して作物を代わりに育ててくれる会社であるザオーガニックガードナーを運営している。 驚いた彼女の会社が顧客に耕作する方法を示す一種の「農業コーチング」サービスを提供するという。

彼女は「数百人の顧客は、直接庭園を育てることがないのに、ただ庭の農場がガクォジンということだけでも、とても満足している」と語った。

実際には、この「庭の世話の方法を知らせるコーチ “の中には農業をして見た経験がある人もいて、専門的な技術を持っている庭師もあり、ただ自分の庭の世話を好む専門家もいる。

一方、顧客の中にはアパート、食料品店、学校、ショッピングモール、そして野球場のような企業の顧客もいる。

ボストンに位置し、似たような部類の会社であるグリーンシティそれウォーズはフェンウェイパークで農作物を育てることを代行する。 その野球場で栽培する作物は、試合を観戦する野球ファンに提供されることも、一部は慈善団体に寄付される。

これらの農業代行サービスを提供する過程で、時間が経過すると、多くの顧客が農作業に直接参加することに関心を見せる。

家の庭に小さな農園を代わりに育ててくれるようなサービスが安い費用で提供されるものではない、直接農作物を育ててみるの経験を持つことができるということと、その過程で得農業に関する知識を考えてみると、コストが必ず高価なものだけではない。

グリーンシティそのウォーズの創設者兼CEOの提示半ハズは「このような都心の農場企業の助けを借りて良い食事を選ぶことができるという点と、環境にプラスの影響を与えるだろう」のような結果があったら良いだろう “と話した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!