Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]連休や休暇後、私たちの子供の学校適応法は?

/
/
/
▲写真出処:ウィキメディア・コモンズ

長い連休や夏休みが終わった後、再び学校に行く子供を多読このことは必ずしも容易ではない。 子供たちは学校に戻る時間が近づくほど連休や休暇が長くなったらしたい気持ちに不安やイライラを表出したりする。

もちろん、学校に通うことが世界で一番面白いではない。 ほとんどの子供たちは、親と学校の話するのを好まない。 しかし、学校は子供の人生において不可欠な部分であるため、親はあらかじめ子供が学校の勉強をどのように感じているか把握しておくのがよい。 長い連休が限界に達したり、新学期が始まる前に子供が学校で勉強することについて概ねどのように感じているのか、どのようなもの変更したらいいのか、このような変化を達成するために何をすることができるかどうかについて子供と会話してみると助けになる。 このような対話を通じて、子供が興味を置く部門を把握し、学校に戻る前の事前準備させることができる。 以下は、子供が学校に戻る前に、親が子供を助けることができるいくつかの方法である。

▲話聞いサイクル

子供が学校に行くために楽しい遊びを辞めるしてくよくよしたり、新しい学年を迎えることを恐れたり、将来の不安なら、ただ静かに子供の話を聞いてあげよう。 特に学校の問題について子供の感情を無視したり、些細ヨギミョンならない。 子供の感情に親が共感し、子供の感情を大切にという点を示すことが非常に重要である。

子供の感情を大事にしてくれれば子供は、自分の問題を解決することができるという自信を得ることになる。 親がすべての問題をデボンエ解決与えようとはならない。 十分な対話を通じて、子供が自分で問題を解決する方法を考えて出すようにする。 親の共感を得て回復力を備えた子供は、問題の解決方法を自分で体得こなすことができる。 バスに乗るのマイナーな問題から大学入学試験まで学校に関連するすべての意思決定に子供が積極的に参加するようにする。

▲家族の時刻表調整

連休や休暇中の家族のすべてが寝坊を寝る用意と昼間にやることを夜遅くまでになる場合が多い。 子供が学校に戻る時近づくと学校の時間に合わせて、家族の活動時間も調整するのがよい。 子供たちは日中活発に活動する安眠が必要である。 眠る時間と朝起きる時間を早める。 子供がTVや携帯電話で動画を視聴する時間もあらかじめ調整しておく。

▲写真出処:フリック

▲家族の役割の再定義

家族の役割を再定めることもいい。 子供の場合、昼食に何を食べ決定するなど、些細な事から関与している。 子供が食べたいとジャンクフードを食べてもされるという意味ではなく、すべての家族が満足できる妥協点を見つけることが重要である。

学校と関連してはなら子供が立てた目標を認めてくれて、これを達成するための計画を手伝ってくれる。 例えば、宿題をより効果的にすることができる方法を一緒に悩むでも勉強に集中できるように、兄弟姉妹と離れていることができる一人だけの空間が必要などについてのように話す。

▲健康診断

子供が学校に戻る前の健康診断を受けてみるのもいい。 アレルギーがあるか、または精神的にストレスを受けているかのような事項をチェックする。 子供が健康検診票を直接作成することにしたり、医師に直接体の状態を伝えるようにすることも自己表現を上手にすることができる良い方法である。

▲写真出処:ウィキメディア・コモンズ

▲親からの肯定姿勢を維持する

子供に学校は競争しなければなら場所なので、子供が挑戦することができる場所でもありますが、大きく傷を着ることができるところでもある。 したがって、親はどのような場合でも、他の子供と比較して話をしてはならないし、子供の発達が常に安定したものではなく、非常散発的に進展することを常に留意しなければならない。 子供の能力が他の子供よりも遅く発現されても全く問題はない。 常に子供を支持してくれて、子供が自分の強みを引き上げるためにエネルギーを集中するように導いてくれていないことに過度に気にしないようにしてくれるとする。

親からの肯定姿勢を維持することが非常に重要である。 親自身が学校に対して不満を話すと、子供は最初から敗者の態度に学校に臨むされる。 否定的な態度は、簡単に感染するからである。 今の子供が学校に戻る準備をすべて終えたら、残りの休日を楽しく送るなる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!