Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]過去とは異なる、現在、祖父母が孫育児に対処する適切な姿は?

/
/
/

子供を産んで育てを開始することになっぶつかる日のいずれか。 まさに子供の祖父母である。 よく自分の子供が成長して子供を産むと、すべてのノウハウを教えてくれて孫が正しくサイズを望んでいるが、この過程で、多くの場合、子供と孫の養育において葛藤が行われるようになる。 ママとパパの小言を避け、自分だけの方法でキオギルたい世代と、自分のノウハウを毎回教えてくれれば正しいグルダを判別する親の世代の絞り込むことができないギャップ。 最善の解決方法を調べてみよう。

▲ソース=ピクサーベイ

変わった育児観念

メディア媒体間エコロジー今日の祖父母の育児方法と関連した文を書いたロベルタ佐藤(Roberta Satow)博士によると、親が幼児を扱う態度は長年かけて劇的に変化した。

例えば、20世紀半ばにしても、医療専門家は、母乳は、貧しい女性が赤ちゃんの世話をするときにする方法と恥部で母乳を奨励していなかった。 比較的粉ミルクは一種の「健康」式とみなされ、良い評価を受けた。 しかし、今日に来て母乳は粉ミルクよりも健康な牛乳でその価値を認められている。 また、母親と子供の間の絆を維持する最善の方法でも遜色がない。

ベビーおしゃぶりも赤ちゃんの歯を損傷させ、出っ歯を作ることができるという理由で、医師や当時の親の世代では、推奨されていない。 しかし、今日おしゃぶりは「乳児急死症候群(SIDS)」を防止してくれるとされてきもうタブー視される製品ではない。 一方、ベビー毛布とバンパーベッドは窒息する危険性が高いという認識が増加しているが、かつて親の世代では、反対の評判を受けていた。

このようなすべての変化と関連して佐藤博士は、現代の祖父母は、このような変化をよく認識して、自分の子供たちが孫の世話をするとき、これらの新しい親に受け入れ、それらをよく扶養することができるよう支えてくれることが重要であると説明した。

▲ソース=ピクサーベイ

祖父母ジレンマと育児のコツ

子供を育てるとき、毎回隣の小言をやっつける親のように育てをしなければなら環境は、ストレスを受けるに最適である。 さらに、すべての親は、どんなに自分が初めて赤ちゃんを育てるも親の干渉や介入をあまり必要と考えていない。

しかし一方では、親のアドバイスを聞いてたくてもそうでない人もいる。 グレースという女性は、自分の母親が養育や親の役割について話をすることを楽しむと述べた。 彼女の母親は、「すでに自分の子供を養育するとき、自分に割り当てられた役割を果たした」ということだ。 グレースは、子供を育てるおり気になることを、いつでも聞いて人が必要したと、加齢バスやトリムをさせて爪を整えてくれる日まですべて気したが、自分の母親は毎回「大丈夫、あなたは仕事を得るよ」という返事だけ与えて。

もちろんグレースと彼の母親のような関係は、ごく一般的な場合ではない。 ほとんどの祖父母は孫のヤンユクボプについて喜んでアドバイスすることを好むが、いくつかの場合祖父母の現在のライフスタイルや状況に応じて、子供の養育に弄らない事例もあるはずだ。 例えば、現在までに仕事をしているか、あるいはすでに引退して、自分たちだけのゆったりとした老後を送りたい状況などである。

もしそうなら、お互いにウィンウィンできる祖父母の役割を何だろう? 近いうちに孫を待っているか、すでに生まれたばかりの赤ちゃんがいる祖父母の場合、次ののいくつかのヒントを選んで子供との対立を起こさずによく過ごせるようにするのが良い。

1.子供が下痢ミスをしたり、正しく育てていなくても、絶対に批判してはならない。 自分が最初の子を養育し、すべての試行錯誤を経たときを回想して見て、自分の子供が良い親として現在よくしているという感じを与えることができるように肯定的な心を持つ。

2.子供の方法で子供を世話するよう放っておくのがよい。 もちろん、自分のノウハウを伝えてアドバイスをしてくれることができますが、決して自分の方式をそのまま真似するように強制ではありませならない。 孫は自分の子供が育てる子供で、自分の子供ではないことを思い出さない。 ただし子供が悩んでいるの決定において積極的に支持を表しつつ、同時に、いつでも自分にアドバイスを求めることができるよう支援を惜しまない。

3.自分のアドバイスを子供が聞かなかったし、気持ち悪く思ってはいけない。 このようなことを個人的に受け入れず、その代わりに、独立して行動することができるようにサポートしてくれることが重要である。 子供と孫を見にたまに家を訪問すること止まるのが最も適している。

4.子供の養育を自分が抱え込むされる状況は作らない方がいい。 代わりに子供が希望する場合に役立つ方法を選択することが望ましい。 自分が直接最初の子を養育したときと同様に、自分の子供にも育児をする喜びを満喫して、その過程で多くの学びの経験にしてくれることができるようしなければならない。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!