Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]離職、挑戦と実践

/
/
/

週が始まる日曜日の夜には、来るべき一週間すべきことが頭の中を去らない。

毎週同じ繰り返しの連続である。 歩いて出勤をして、同じ顔を向き合って、席には数千通の電子メールを確認し、席に座って、コンピュータのモニタをぼんやり眺める。

過去数年間のような会社を通って友達も得引き受けた職責を履行するのに否定することはできず、役立つ知識も少し得ただろう。 それにも解けない問題は、今現在の職場に果たして本当に満足していることである。

そうでない場合、今の変化が必要な時であることを知らせるいくつかの隠すことができない兆候がある。

最初に、現在の職業が健康に悪影響を及ぼしているかどうかのかどうかだ

毎日出勤する考えただけでも疲れたり、頭痛薬をつけて生き、集中をするのが難しく、不安、そして仕事を開始する前に感じたことはない、他のストレス疾患を患っている場合、現在の職業が健康に悪影響を及ぼしているという証拠である。

第二の給料のためだけに支える場合だ。

もちろん、一日一日を生きていくためにはお金をアンボルことができないのが事実だ。 しかし、高い年俸を受けても感じられる個人の幸福は大きくないこともある。

営業時間のほとんどは退屈に感じられ、週末だけ待つことになる。 他の職場にある自分自身を描く空想を絶え間なく見ている場合、多くのお金を稼ぐも、あなたが現在の仕事に満足していないということを意味する。

第三に、現在の仕事への情熱のかどうかだ

仕事を初めて起動する時には持っていた興味と情熱が時間が経った今では、ほとんど消えている。

このような場合、仕事があなたに合わないことを悟ったのかもしれない。 職場の上司があなたを含む、部下が出すほとんどのアイデアを無視しているかもしれない。 もしかしたらこのような状況を経験している場合は現在の職場ず、他の選択肢を見つけるときであるかもしれない。

四番目に、現在の職場に常に大声で文句を日常行っているかどうかだ。

職場の上司、職場、会社のシステム、職場の同僚、仕事自体など県の仕事に関するすべてのことについて不満を日常行っていないから、常に不平不満をこぼし出すも、自分が否定的な人になってきているという自覚がない場合は、すぐに去ったときある。

上記の事項のうち該当する事項がある場合は、何かの変化を見つけることがときである。 成功転職のためのいくつかのアドバイスに対して以下のように書いてみる。

最初に、情熱の再発見

「私は本当にしたいことがこれであるか 私上手だろうか? もしそうなら、私は持っている技術をさらに発展させるために、以下の手順を踏む意向を私持っているか?」との質問を自分自身にすべきです。

自分だけの強みと情熱を発見しなさい。 自分自身を評価する際に、自分が持っている強みに注目して、これに対する履歴書を作成するのが良い。

新しい職場のための面接桁で転職をしようとする理由について説明して離職する職責に自分がなぜ最も似合う人なのかを説明しなければならない。

第二に、調査研究が必要である。

今後さらに発展させることができる独自の強みと現れなかった技量が何なのかを調べたならば、自分が強みを持つ分野での重要な情報を得るために、インターネットや該当分野に従事する知人を介して知るべきである。

知人に履歴書と前の職場でのキャリア(該当する者のみ)レビューを預け、これに対するフィードバックに耳を傾ける良い。 これは多くの助けになる。

第三に、自分が持っている技量テスト

自分が持っている技量を試してみるためにフリーランスの仕事や、短期的課題を担ってみるのもいい。

これ合う新しい分野がどの分野かを判断するのに役立つとなり、短期の課題を引き受けて積まれる人脈は転職を希望する分野に移すのに役立つ可能性がある。

離職の立ち上がりは、過去数年間知り合い所と人を去ることは必要であるため容易ではないこともある。 一方、離職は新たなスタートをする機会であり、他の分野で自分自身をより成長させることができる機会になることもある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!