Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]非難はしつけではない、恥与えない適切なしつけ法は?

/
/
/

親は自分の怒りと失望を治めることができなけれますが、これは容易ではないことである。 感情を沈め、適切な言葉で表現することも難しい。 特に子供が盛んに成長する時期には、さらにそうだ。

感情調節しつけ

育てることは子供に成長し、独立心の機会を与えるものである。 親は子供に親切で尊重する言葉に接しており、子供がミスを犯すと、親自身の感情を制御できず、言葉と行動に罰を与える傾向がある。

断固とした口調で誤った行動にのみしつけするのではなく、子供が恥を感じるように非難する言葉をしたり、行動に見えたりもする。

深いため息をつくか、目を部ラリなどの行動をとると、子供たちは、親が自分の些細ここたり悪い考えになる。 傷や羞恥心を与える言葉は、最終的に心深く残って何年も記憶されることができる。

しつけは重要である。 しかし、しつけはすぐに罰を与える行動というわけではない。 処罰がいつも問題を解決しません、子どもたちを非難したり、羞恥心を感じさせる代わりに、問題の根源が何であるかを察する必要がある。

もしかしたら私も? 子供に傷つけるしつけ法

親たちも、時には自分たちが恥という方法に依存していることを知っている。 問題は、この行動が子供に傷を与えることができるというもの。 無意識のうちに子供の恥を刺激すれば、長期的に否定的な影響を与える。

ウェブサイト「ヘルシーウェイドットコム」では、親が無意識のうちに子供に恥をかかせる七つの状況を示している。

1.子供にはどの瞬間独立したくなる瞬間が続き、自らの力ですべてをしたくなる。 この段階では子供たちは、自分の能力を知って自信を積ん多くの時間と労力をせれれる。 しかし、両親は無意識のうちにこのような状況を無視する。 服や靴まで干渉になるが、親のこのような行動に子供は自分自身が無力であると感じるようになる。

2.子供が下した選択を判断することも子供を感服ようここ態度と同じである。 まず、子供の選択を認めての可能性を説明してくれるとする。

3.親は、子に共感して、泣かないように教えてはならない。 感情と理解のレベルを理解する。

4.不合理な期待感を持つことも子供を不快にすることができる。

5.公に非難する行動は中断しなければならない。 子供が公共の場で癖なくカキときの音上げる代わりに、人が少ない場所に移し何が間違って説明してくれるとする。

6.子供会話するときの声のトーンも重要である。

7.子供は新しいことを身につけて学び育つ。 子供を認めることは、子供がよりうまくできるように自信を吹き込むことになる。

親は子供を養育して適切に成長できるように奨励する責任がある。

しつけ効果ようにする、会話が基本

羞恥心を与えることは養育方法はない行動である。 ヒューストン大学のブリン・ブラウン教授によると、羞恥心は、人間が変わることができるという信念を蝕む行為だ。

親がしつけという名目で子供を処罰して恥をくれればすぐに停止しなければならない。 羞恥心を与える方法で子供がよくすることがあると思う親もいるが、子供を隔離する壁だけ積むだけである。 代わりに対話を通じて誤ったことが何なのか分かるようにしなければならない。

親は子供が成長している間苦しむ困難を理解する。 子供たちは純粋で、まだ学ぶべきことが多く存在だ。 子供を処罰することは、行動や習慣を改善するのに役立つされな​​い。

次に、親は何ができるのか?

会話が最も重要である

私達はすべてのミスをすることができる人間であるという事実を理解する。 時には不要仕事をすることもできる。 子供を教えることは、完全なる方法を教えるのではなくて、自分を切除する方法を教えるものである。

親は子供の理解力レベルを理解して子供が苦しむ状況を共感しなければならない。 尊重する心と優しさを持って会話を共有しなければならない。 人間の弱さも認めなければならない。 親が時折ミスすることができるように、子供も十分に間違えることができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!