Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]高齢者が着実にタンパク質の摂取量と筋力の維持に役立つされる

/
/
/
写真出処:ウィキメディア・コモンズ

一般的な常識とは異なり、高齢者にもタンパク質を着実に摂取しなければ筋力を維持することができるという研究結果が出た。

カナダのモントリオールの大学で行われた研究では、67〜84歳の間に827人の男性と914人の女性を対象に、3年間の期間中に実験を実施した。

この期間中、彼らの筋力と活動量の変化があったのかについて調査が行われ、これらの48時間の間に何を摂取したのかにより、タンパク質を食事に含ませるようにした。 この研究では、学術誌か寄稿された。

その結果、毎日一定量のタンパク質を摂取すると、年齢が聞いたときにも筋力が維持され、高齢者の場合にも、着実にタンパク質を摂取すると、活動力の向上に役立つ。

年齢が多くなる、私たちの体は、その前には別の方法で急速に退化するが、タンパク質を摂取すると、高齢者に表示される体の組織の構成が変化する現象をある程度防ぐことができる。 専門家は、毎日卵やピーナッツバター大さじを食べることをお勧めしています。

この研究の著者であるステファニー・シュヴァリエは、「重要な点は、一日に一食事のみのタンパク質を摂取するのではなく、一日三回毎食事ごとに十分なタンパク質を摂取して筋肉同化作用と筋力の増加を図ること」と述べた。

米国した大学の准教授であるローナセンドンはこれと関連し、「タンパク質を一日に三回に分けて摂取することは、一日摂取しなければするタンパク質を一食に一度に摂取するよりも、食事のバランスがよく組まれたと見ることができる」と述べた。

センドンは、研究に参加することはなかったが、研究の結果を裏付ける資料を提供した。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!