Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]鳥が6月に巣を構える理由は

/
/
/
写真出処:ウィキメディア

米国に生息する鳥は、通常、6月初めからニューヨーク州西部やはるか遠く北にある巣生息地に戻ってきた。 6月には、ほぼすべての鳥が巣をトゥルギ開始する季節である。

今年5月に米国では、通常よりも天気が涼しく雨が多く降り、いつもほど多くのハチドリが表示されなかった。

ハチドリが天候がより暑くなるまで暖かい南に長びくれる知ることができない。 とにかく春が過ぎて夏がきて鳥はさらに活発に飛び回るものである。

ボルチモアオリオールズは、人々が置いたブドウゼリー、柑橘類、砂糖水、ピーナッツ、さらにsuetのなどの餌を集めるに忙しい。 元の天気より涼しく昆虫がたくさん表示されていないからである。

しかし、一度、他の餌に慣れてくるとウグイスは夏に、より頻繁に表示される。 また、ウグイスカップルした場所に現れ始めると、すぐに他のウグイスもその場所を探す。

ウグイスはすでに巣ている。 彼ら飛んでいるの周辺をよく察すれば木の枝の陰などに袋状の巣がかかっていることを発見することができる。

果樹園ウグイスも活発に巣ができる。 この鳥は、模索がはるかに暗く目立たない。 この鳥が活発に動くという事実を知ることができる唯一の証拠は、オスが木から木へ飛び回り出す音を聞くことができるからである。

果樹園ウグイスの歌声を聞く場合、簡単にこの鳥を見つけることができる。 仕方とき人々の近くに来ることもある。 これらの羽はレンガ色である。

真似ツグミもこの時期に餌を集め、巣をトゥンダ。 春先には、つぐみとホン熟視が表示される。 茶色のツグミまた、人々がまかた餌を食べ現れた。 多くの鳥は春の天気を楽しんだ。

パラまた巣を行っのに忙しい。 いくつかの鳥は素晴らしい巣を作ったが、別の鳥は、最初の巣作りに失敗して第二の巣を作っている。

5月初め中旬に雨が多く降って気温が低く、多くの鳥が雛に与えるに十分な餌が見つからず、困難を経験した。

このとき、家の近くに鳥が巣に利用だけされた箱を置いた場合、運良くパラ来巣を反転かもしれない。

もし箱の中に建てられた巣が失敗した場合は急いで片付けなければなら鳥が戻ってきて巣を作る。 そうでなければ、他の場所に移動する。

スズメがボックスを利用すれば、巣の中に卵があっても巣を除去しなければならない。 巣をなくすが、なぜか申し訳ありませんならば箱から取り出し地面に降りて置いてください。 スズメはパラの天敵であり、パラの個体数の減少に貢献する。

五色バンウルセも再び姿を見せ始めた。 5月中旬までに鳥は、元現れたところに来なくて、人々の関心を集めた。 この鳥は、広大な野原でタンポポの種子などの作物を集めた。

タンポポが花を咲かせ種を飛ばす時が来れば五色バンウルセも、元の出没していた地域に戻る。 この時期ぞろぞろ現われる。 春と夏にかけて、植物も繁殖する。

8月までは、植物がおいしいさん多く生産する。 だから五色バンウルセは餌を集めのに夏の終わりまで巣を犯しません。 おそらく夏の終わりまで巣を犯さない唯一の鳥である。

夏は庭や他の場所で鳥の様々な行動を見ることができる素晴らしい時期だ。 森にちょっと入るとうぐいす、ジョウビタキ、ツグミが忙しく巣を構える姿を見ることができる。 鳥を観察するために時間を投資すると、それだけ報酬を受け取る。 美しく偉大な自然の姿だ。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!