Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て] “お母さん、フォンず私と遊ぼう」スマートフォンでなく、子供に集中しなければならない理由

/
/
/

子供のような空間に一緒にいることが子供をよく世話という意味ではない。 スマートフォンに集中するのに子供に十分な関心をこぼさずに言葉をかけなければ、むしろ否定的な影響を与えるからだ。 育児用品ハトディルを探すの頻繁スマートフォンで見つけみる、キッズカフェや遊び場で子供遊んでくれるの代わりにスマートフォンを見れば、これからスマートフォン見ない時間を定期的に持つことがどうだろう。

スマートフォンが育児に及ぼす影響

スマートフォンは、人間の生活の中で多くのことを変えた。 一部の人々は、スマートフォンで仕事をして、休む時もスマートフォンを見る。 作業方法と余暇を楽しむ方法を積極的に変えたように見えるが、そうでない部分もある。 運転時のスマートフォンを使用して事故が出たりして、夜に眠りに落ちる前スマートフォンを何時間もより睡眠をインストーラもして睡眠パターンに支障を与える。 このように、デジタル機器は長所と短所が共存し、スマートフォンと一緒に育児も同じだ。

時事マガジン「アトランティック(The Atlantic)」によると、1960年代に比べて、現在、多くの親たちは、特に母親が子供と一緒に過ごす時間が増えた。 ワーキングママの数は増加したが、子どもとお母さんが一緒に時間は増えている傾向にある。

しかし、時間が増えたので、子供と楽しい時間を過ごすことはないという事実に注目しなければならない。 ほとんどの親は、子供の世話を見ると思うが、実際には、子供と共感する時間がないということが問題だ。

原因は、親が子供と一緒にいる時でさえも、スマートフォンやタブレットを覗くためであり、これは親が子供の周りに興味をあまり持たせる。

週末にキッズカフェのみ行ってもよく見ることができる場面だ。 子供は一人で遊ぶように放置したままの子供の周りに、あるいはカフェで、スマートフォンだけ熱心に見て親が多い。

かつては子供がTVを続けてみると勉強をさせという話があった。 TV番組は子供に有益ではないと考えたからである。 最近、その事実が克明に表れている。

子供がスマートフォンを使用している時間が増えれば、周辺の事物や環境への探究心を持つ確率が低く、これは親にも同じだ。 親が子供と一緒にいるときにスマートフォンを使用すると、子供に集中することができないばかりか、子供に探究心を教えてくれることができる機会を飛ばしてしまうのだ。

ニューヨーク・ポストのウェブサイト(New York Post)に紹介されたグローバルテクノロジー会社アシュリオン(Asurion)の研究結果を注目してみよう。 スマートフォンを使用している平均時間は、一日に12分であり、いくつかは、4分ごとにスマートフォンを確認し、10分以上離れないとした。 研究に参加した人々は、スマートフォンを利用しない場合の不安を表出しており、このような症状を経験している親がある場合は、これは子供に明らかに問題になる。 親の主な関心事は、子供なければならず、子どもと過ごす時間の質を高めなければならない。

便利vs集中力の低下

人々は今の世代の親たちが技術の進歩により、集中力が低下して、子供の成長に悪影響を及ぼすと言う。 子供が十分な関心を受けなければ、関心を受けるためのdesいくことができる確率が高くなり、時にはうつ病を経験したり、周辺に行われることに不安する確率が高くなる。

会社ではなく、家庭での在宅勤務をする親もあり、スマートフォンに生活必需品を購入することも、あるいは語り尽くせない仕事の処理を急いですることもある。 時間をより柔軟に利用することができる良い機会である。

しかし、むしろこのようやすい環境が与える問題点もある。 何人かの親は、子供が授業に参加している間や先生との面談でも、スマートフォンを覗いてみる。 病院で待機する時も。 子供と一緒に外出を行っても、スマートフォンを見る。 人々がスマートフォンにはまっほど、現実の中の生活を忘れてしまうことになる。

スマートフォン自制する代わりに、良質の育児を

このような問題を解決することができる一つの良い方法は、スマートフォンの使用時間を削減しようとするものである。 時間を決めて、スマートフォンを停止するこたり、目に見えない他の所に置いて子供と過ごす時間には十分注意を払う。

子供と十分に良い時間を過ごしたいと思う親のために、次のいくつかの事項をお勧めする。

▲2日間スマートフォン使わない挑戦をして、どんな感じなのか感じてみよう▲グレー、黒、白のような単色でスマートフォンを設定して、スマートフォンの使用の欲求を減らしてみよう▲家に来たとき、通知を停止するこ者▲携帯電話を充電する時には使用しないようにしよう▲ホーム画面に必要なエプマン敷いおこう▲他のものよりも子供が欲しいことを最優先に考えてみましょう

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!