Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て] 10代の子育てのヒント…思春期の子供と話を交わす方法

/
/
/
(出典= Flickrの)

子供を養育して保護することは、親の責任だが、子供が10代に入ると、このようなことに困難を感じている人が多い。 親たちは、10代の子供は、もはや言うことを聞かないと言う。 これらの子供が家に来たら目も合わさず、自分の部屋に入ってドアを閉じロックしてしまう不平を言う。

次に、どのように10代の子供が心を開いて親と虚心坦懐に話を分かち合うようすることができますか?

独立のための子供の闘争を尊重する

10代の子供が一人でありたいのは自然な成長過程の一部だ。 この時、親がラインを決めておけば、子供はそれをプッシュし続けるいくしかない。 したがって、子供が独立した大人として成長するようにするには、子供の行動を尊重し、親は子どもの安全を守ることができる分だけ介入したほうがよい。

例えば、10代の子供が部屋を乱すか、宿題をしなくても、まず何に親が介入するかどうか、どんなことに介入しなくてもされていると思う。

自己表現の機会を提供

10代の子供が自分自身を表現することができる時間と機会を提供する。 たとえば、子供と向かい合って座っている子供の話をただ耳入ってくれる。 親が忍耐を持って、子供の言葉に開放的な態度を見せると、10代の子供はもう少し素直に自分の気持ちを打ち明けことができる。 会話を交わす過程で親は子供に方向性を提示することができる。

(出典=ピクサーベイ)

独立性と責任のバランスをとる親としてすべきことは、10代の子供が独立性と責任のバランスを取るように知らせることである。 つまり、独立しようとする欲求だけでは何もできない。 10代の子供は自分で責任を育てなければ独立性を認められることができる。

難しいテーマも受け入れる準備する

親は10代の子供がどのようなトピックの話を取り出しても慌てたり恐れていない準備をしなければならない。 そして親も自分の弱点をさらす準備ができてなければならない。 子供は親の行動や態度、話し方を見て、このような事実をすぐ気付く。 だから親が任意のトピックの会話も避けず誠心誠意会話に参加するなら、子供は親を信頼することになり、自分の考えをすべて共有する。

子供が責任を負うし、親は後ろに退く

子供の一挙手一投足に関与するヘリコプター親に対してどのような面では、放任主義を示す必要がある。 親は子供を一人で世に出る準備ができた、大人に育てなければならない。 したがって、子供が自分で自分の生活の中で見つけられた問題を解決する必要がある。 親は一歩後ろに退いている。 また、子供の完全に失敗した部分も認めて受け入れる。

(出典=ピクサーベイ)

親は、科学者の考え方に従ってください。 いつも結末が開いている質問を投げかける。 よう10代の子供が自分の考えを率直に言うことができる。 また、10代の若者がどのようなコミュニケーションの方法を好むかどうか心配する。 子供が夕食をするときは、一緒にドライブをしたときに、料理をするとき、あるいは妨害がない静かな環境であるときに話すことを好む場合、まず環境を造成して、会話を開始する。

成長は難しいことだが、成長する子供に方向を提示することも容易ではない。 青少年は人生のある時点で不確実さ、不安、疑問などを経る。 絶えず探求しようとする姿を見せたりする。 しかし、親が自分を愛して支持することを子供が感じる場合、親と子の関係は良くなるだろう。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!