Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て] 2018年新年の決意は、子供と一緒に… 「三日坊主」を避ける方法

/
/
/
▲ソース=ペックセルス

2017年も、数日も残っていなかった。 2018年新年を迎えて敬虔な心で作る新年決心たち。 ややもすると三日坊主終わらない場合は、子供たちと一緒に新年の決心を立てるのもよい方法である。 特に7〜12歳の間には、新年に解決しようとする決意を立て目標を果たすために奨励するのに最も良い時期だ。 子供たちにぴったり新年の目標は、どのように組まなければならか?

家族としての絆

著名な社会心理学者であるクリスティン・カーターの「子供の幸せ育てる(Rasing Happiness)」には、楽しい子供と幸せな親たちのシンプルで簡単な10のステップが紹介されている。 博士は、特に子供たちは、大人と同じように新年の決意を立てるのに十分な私と説明し、この時期には、親がガイドしてくれる方がいいと強調した。 ただし思春期に入ってからは10代になっても反発を呼んで起こさない決意と目標とすべきである。 子供と一緒に新年の目標を作ることは、家族としての絆を強化とともに子供には興味深い成長の機会を提供してくれる瞬間になることがあります。

子供自身を制御することができる目標

ほとんどの大人は、自分が試してみな目標を立てようと努力する。 しかし子供たちは、その年齢に合った適切なレベルの目標を設定するのに困難を経験しやすい。 このような時、親が簡単で、自ら統制が可能な目標を提示することが望ましい。 例えば朝起きてベッドや布団を手作り整理できるようにするものである。 もし野球やサッカーなどのスポーツ活動の実力向上を希望する場合、特定の期間中の練習回数を指定するのも良い方法である。

デッドラインも適切に

すべての目標には、設定された時間があるはずだ。 指定された期間に目標を達成すると子供たちは、さらに大きな達成感を得ることができる。 特定の科目の実力が不足している子供の場合、期末や試験期間が終わるまでのスキルを向上させることができるように期間を定めることもいい。 ただし子供相談して期間の設定が妥当か把握することができなければならない。

▲ソース=ペックセルス

年齢に合った目標

米国小児科学会(American Academy of Pediatrics)は未就学児と青少年が、各年齢に合った新年の決心を組むことをお勧めしました。 学会は、未就学児の場合、毎晩のおもちゃをきれいにする、一日二回うがいする、食事前の手洗浄等の簡単な新年の目標を提示した。 また、5〜12歳の場合には、牛乳やソーダ飲料より水飲みあるいは屋外に出る前日焼け止め塗るなどを教育する方がいいと強調した。 10代にさしかかった場合には、毎日少なくとも一つの野菜や果物を食べる、ソーダ飲料制限、自分に否定的な言葉を減らす、運転時の携帯電話の使用禁止、暴力的ではないビデオゲームやTVを2時間ほどだけ視聴するなどが推奨されている。

目標に積極的なアプローチ

「新しい家族の伝統(New Family Traditions)」の著者メグフォックスは、子どもたちの新年の決意は幸せに関するもので満たすことが良いと強調した。 当然親も楽観的な方法で子供に目標を提示することができるようにしなければならない。 フォックスは、特に親の口調が重要な役割を果たしていると説明したが、説教や処罰の方法のアプローチは、子供を目標達成に失敗にするだろうと指摘した。 彼の欠点を指摘するのではなく歴史の偉大な成功事例を取り上げ、奨励することができると説明した。

補償

毎回目標が達成されるたびに補償をしてくれることも忘れてはならない。 一部の親は「清涼飲料なく10日耐え」のような小さな目標を設定し、これを守る場合、適切な補償に達成感を達成するようにしたりする。 他にも子供自ら設定した目標に到達した場合の夕食やデザート、友人を招待などの適切なイベントを用意した方が良い。

米国小児科学会(American Academy of Pediatrics)は未就学児と青少年が、各年齢に合った新年の決心を組むことをお勧めしました。 学会は、未就学児の場合、毎晩のおもちゃをきれいにする、一日二回うがいする、食事前の手洗浄等の簡単な新年の目標を提示した。 また、5〜12歳の場合には、牛乳やソーダ飲料より水飲みあるいは屋外に出る前日焼け止め塗るなどを教育する方がいいと強調した。 10代にさしかかった場合には、毎日少なくとも一つの野菜や果物を食べる、ソーダ飲料制限、自分に否定的な言葉を減らす、運転時の携帯電話の使用禁止、暴力的ではないビデオゲームやTVを2時間ほどだけ視聴するなどが推奨されている。

▲ソース=ピクサーベイ

目標に積極的なアプローチ

「新しい家族の伝統(New Family Traditions)」の著者メグフォックスは、子どもたちの新年の決意は幸せに関するもので満たすことが良いと強調した。 当然親も楽観的な方法で子供に目標を提示することができるようにしなければならない。 フォックスは、特に親の口調が重要な役割を果たしていると説明したが、説教や処罰の方法のアプローチは、子供を目標達成に失敗にするだろうと指摘した。 彼の欠点を指摘するのではなく歴史の偉大な成功事例を取り上げ、奨励することができると説明した。

補償

毎回目標が達成されるたびに補償をしてくれることも忘れてはならない。 一部の親は「清涼飲料なく10日耐え」のような小さな目標を設定し、これを守る場合、適切な補償に達成感を達成するようにしたりする。 他にも子供自ら設定した目標に到達した場合の夕食やデザート、友人を招待などの適切なイベントを用意した方が良い。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!