Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て] NASA、レーザーベースの通信でのブロードバンド実装

/
/
/

米航空宇宙局のネジは、地上管制塔と国際宇宙ステーションを接続するレーザーベースの通信システムをインストールする準備をしている。

ネジは、レーザー通信リレーデモシステム(LCRD)が家庭用ブロードバンドシステムよりも100倍高速な毎秒1ギガビット以上の双方向のデータ転送を提供する予定である。

メリーランド州グリーンベルトにあるゴダード宇宙飛行センターは、このプロジェクトを主導しており、このシステムは、2年から5年の間に、テスト過程を経る。 ネジの研究者は、このテストでは、将来のレーザーベースの通信システムを運営するための最良の方法を見つける助けになることを願っている。

高速データリンクを使用すると、宇宙での高解像度3Dビデオを転送することができる。 これは太陽系の他の惑星と衛星を探査するとき、ロボットやその他のデバイスが高解像度の画像を提供するために有用である。

NASAはレーザー通信システムが船にも取り付けることができますので、宇宙飛行士が宇宙ミッションに出た時、家族と満足のいくビデオ通話をすることができるようにしてくれるだろうと述べた。

テストシステムは、ハワイとカリフォルニア州のテーブルマウンテンの地上局に設置されたレーザーのモデムと通信する予定である。 地球の管制塔は、ユーザーレーザーで静止軌道にあるLCRD衛星と情報を共有する。 その後、LCRDは、国際宇宙ステーションに情報を伝達する。

LCRDは2019年の夏に開始される予定である。 国際宇宙ステーションはそれより2年後に、独自のレーザー通信システムを備えることになる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!