Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

【課題】独特の官職と派手な色、「ベールドカメレオン」育てる

/
/
/

体色を変えることは基本的に、ロングテールにこだわる在住まで兼ね備えたベールドカメレオン。 このカメレオンは、カラフルな色と独特の官職を前面に出して、エキゾチックなペットをお探しの方の人気を得ている。 ベールドカメレオンについて調べてみよう。

ベールドカメレオン

ベールドカメレオン(Veiled chameleon)の原産は、イエメンとサウジアラビアが、降雨量が多く山の斜面と水、植物が育つ谷などで一年中住んでいる特異な習性を持っている。 ハワイ州とフロリダ州でもよく目撃される。

成体オスは尾を含めて最大約60cmまで育つことができ、雌の場合は少し小さい45cmほどまで育つ。 寿命もオスが8年には、女性は6年で雄の寿命が少し長い。 雌の場合卵を産むときに使うエネルギーがものすごいので、寿命がより短い。 重量は雄が85〜170g、雌が85〜115g程度で、長さに比べて体重があまり出て行く方ではない。

見た目は頭の上に約5cmの大きさの投球を書いたような官職があるのが特徴であるが、他にも目は180度回転して、一度に両方の方向の両方を見ることができる。 オスは雌よりも官職が大きく後ろ足に足首の骨が生えている。 色は明るい金色や黄色の縞のオレンジ、ターコイズと黄緑色の縞模様などがある。 オスの場合、体の下の部分と首の部分は薄い青緑色の光の暗い青緑の点がある。

ベールドカメレオン育てる

ベールドカメレオン種は、他の種類のカメレオンにかなり敵対的であり、領域確保の気質を示すので、必ず一匹ずつ収容するのが良い。 また、保護者には素直にあまりにも多くの触れ続け見守る場合、ストレスを受けることができ、注意するのが良い。 他のカメレオン種のように触れて育てる代わりに存分に活動するように自由に解放さなければならない。

カメレオンを収容するタンクは換気がよくなるようにスクリーンをけいれんがいいのに、ガラスの水槽の場合、空気が停滞することができ、上気道感染症にかかることがあります。 成体のオスの最も理想的な条件は、幅と高さがそれぞれ60cm、120cm、そして雌の場合45cm、90cmほどである。

タンクには、カメレオンが自分の体を隠すことができるようつると葉で飾らくれる方がいい。 つるでカメレオンはリラックスしたり、太陽の光を浴びであちこちに移動することができる。 植物の場合、被クスやシェプレイと、ハイビスカス、ポトスのように毒のないもののみを選んでタンク内の湿度を維持することができるようにしなければならない。 他にも長さがそれぞれ異なる枝を置いてくれればカメレオンが上り下りすることができていてよい。

タンク内部の温度は、22〜26度が最も適している。 太陽の光を受けるポイントは、より高い29〜35度に保たれなければならない。 ただし、夜には、温度を10〜15度程度下げても良い。 しかし、家の中の温度が18〜21度の下で落ちなければ、夜間の暖房があえて必要ない。 白熱灯の場合画像を防止するため、タンクの外に設置するのが良い。

また、一日に12時間ほどUVAやUVB光を供給受けており、そのためにカメレオンが上がるところ電球をインストールする必要がある。 しかし、あまりにも近いともやけどをすることができており、必ずしもメーカーの推奨事項を読んで、適正な距離を保つことができるようにする。

湿度は50%ほどが最も良い。 一日に二回程度のタンクの中の水草や植物に噴霧してくれればカメレオン植物に結ばれた水滴を舐め水分を得ることができる。 これは別に水器を置く必要がない。

食事の場合、昆虫が株式であるため、様々な昆虫を提供してくれればいい。 コオロギが飼料の大部分を占めるが、バッタやゴキブリ、バターワーム、スーパーワーム、蚕やパリなどを食べることができる。 ただしミルワームやワックスワーム、スーパーワームは、脂肪が多く、なるべく少なくするようにする。 ホタルやその他の野生昆虫の場合、農薬や他の化学物質にさらされた可能性があるため、なるべく与えないようにする。

栄養素を十分に摂取することができるように昆虫のカルシウムとビタミンD3サプリメントを週に3回程度分散させて与えることができ、これとは別に総合ビタミン剤やミネラルのサプリメントを週に一回程度、さらに与えればよい。 しかし餌も、生きている昆虫は、ややもするとカメレオンを攻撃することができ、長い間放置することはよくない。 植物も良い栄養素である。 タンポポの葉やコラードの葉、ブルーベリー、リンゴや梨を薄く切ってくれればいい。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!