Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[ペット]ペットの魚の感覚器官

/
/
/
▲ソース=ピクサーベイ

水槽の中に住んでいる魚も感覚に依存して周辺で起こることを気付く。 魚の感覚器官は方向、食べること、コミュニケーション、天敵の侵略などを感知する。 光は水ですぐに動かないが、音は水でより速く、より遠く伝達される。

魚は近いか遠い物体を見ることができ、色を区別することができる。 しかし、魚の目は所在地に基づいて視界が違う。 だから視覚より聴覚に多く依存している。 前述したような音は、水中での配信がはるかに速く、魚は体の横フィンに沿って続いて細い線で振動を感じ音を聞く。 このラインは、バックグラウンドノイズや環境の変化などに起因する低周波音をフィルタリングすることができる。

また、魚も味と香りを感じる。 これ化学受容または化学的感応という。 魚は口と鼻開口部の受容体を使用して、餌を見つけることができ、他の魚と会話することができる。 魚は、電気を使用して、環境の変化を検出することができ、これを電気収容という。 魚は低レベルの電界を利用することができ尾の近くの機関からの電気信号を送って、頭と側面のラインにある受容体に信号を受ける。 この感覚を活用すれば、暗い水の中でもエサや障害物を検出することができる。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!