Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]子供に発生する可能性のある城膿瘍

/
/
/

城膿瘍(dental abscess)は、子供たちに生じやすい口腔疾患のいずれか、すぐに治療が必要である。 城膿瘍は早期に治療しなければ、感染性細菌が広がり、痛みがひどくなる。 しかし、城の膿瘍は、治療が可能であり、適切な口腔ケアを介して予防することができる。

城膿瘍とは?

好きジャンクション(Mom Junction)によると、膿瘍は細菌感染が原因で身体の一部分に発疹のような膿が生じるのである。 膿瘍は城膿瘍とも呼ばれている。 主に歯根や歯と歯茎の間に感染が発生する。 城膿瘍が生じた場合に痛みが激しくするので子供の場合耐える難しいこともある。

城膿瘍は早期に治療しなければ歯茎、顎などの他の口腔部位もしくは他の体の部位に広がることもあり、まれには、生命を脅かすこともある。 これを予防するためには、歯と歯茎の膿瘍の迅速な治療が重要である。

血管と神経を含む歯の内部空間であるチスガン(pulp chamber)が主に感染する。 歯が感染を防止することができる能力を喪失して、細菌が歯に浸透してチスガンで増殖し、城膿瘍が生じる。 細菌が増殖し、チスガン外感染が広がっている歯根まで感染されることもある。

児童城膿瘍の発生原因

歯の膿瘍の発生原因は多様である。 Medicine Netによると、虫歯部位がチスガンまで拡散されることが主な原因である。 炎症がチスガンまで拡散し、歯痛を感じるようになる。 チスヨムは治療が可能な可逆性チスヨム(reversible pulpitis)と治療が不可能な非可逆性チスヨム(Irreversible pulpitis)に分けられる。 歯の内部の神経と血管

城膿瘍の発生原因は多様である。 メディスンネット(Medicine Net)によると、虫歯部位がチスガンまで拡散されることが主な原因である。 炎症がチスガンまで拡散し、歯痛を感じるようになること。 チスヨムは治療が可能な可逆性チスヨム(reversible pulpitis)と治療が不可能な非可逆性チスヨム(Irreversible pulpitis)に分けられる。 歯の内部の神経と血管がある組織の寸法(pulp)が壊死すると、膿瘍の感染が歯から歯茎と顎に拡散される。 しかし、早期に発見し、適切な治療を受ければ壊死した歯も治療が可能である。

城膿瘍の主な原因は、ほとんど虫歯だ。 虫歯を早期に治療しなければ、歯が分解たり虫歯が歯周や骨拡散することができる。 歯が折れたら城膿瘍が生じやすくなる。 歯の間の空間に細菌が侵入して嚢胞が生じ、痛みを誘発する。 城膿瘍は乳歯と永久歯の両方で発生することができる。

神経治療(root canal procedure)を受けた歯にも城膿瘍が生じることがあります。 神経治療を受ければ、細菌から歯を保護する能力が不足しているからである。 どのような歯でも城膿瘍が生じる可能性がありますが、奥歯は特に城膿瘍が生じる可能性が高い。 奥歯はきれい磨きにくく、虫歯が生じても目立たないからである。 ため奥歯はできるだけ抜くのが良い。

治療

城膿瘍の治療のためには、ほとんどの歯科で経口用抗生物質を処方される。 しかし、虫歯を正しく治療しなければ城膿瘍が再発することができる。 もし乳歯の城膿瘍が発生した場合、歯科で、これを抜くことはよい。 もし永久歯に城膿瘍ができたならば、神経治療や補綴治療を受けなければならない。 また、子供の場合、痛みを緩和するための鎮痛剤を処方してくれたりする。

感染が急速に広がっている場合、すぐに治療が必要である。 もし歯科に直接行けない状況で熱が出て、顔や顎の周りや注ぐなら、緊急治療室をべきである。 特に呼吸困難の症状や食べ物を飲み込む困難な状況であれば、すぐに緊急治療室に行くことが重要である

子供の乳歯に城膿瘍が生じた場合、感染を完全に除去することは難しく、歯を抜くことが最も適切である。 これにより、追加の感染症や永久歯の損傷を防ぐことができる。 経口用抗生物質は、感染の程度に応じて処方するかどうかが決定される。

城膿瘍の原因知っておく必要の予防が可能

イブプロフェンやアセトアミノフェンなどの鎮痛剤を使用するためには、医師に助言を求めるのが良い。 冷たい圧迫包帯を当てている場合、簿記を軽減することができ、口ぬるま湯で洗えば、歯茎の痛みを軽減することができる。 歯茎の痛みを軽減するためにバーができるゲルもある。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!