Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]自制心備えアイ成功確率高く。子供たちに忍耐を教える法

/
/
/

多くの親が自分の子供を成功した人に育て道ほしいと思い、子供たちが夢を成し遂げることを見てたい。

教育が子供の人生を左右するといっても過言ではない。 正しく教育受けていない子供は脱線したり、さまようする確率が高い。 子供が幼い頃から人格教育をはじめ、生きていきながら、必要なものを告げてくれるのが良い。 特に子供には必ず教えるべき徳目の一つは、自制心ある。

自制心vs意志力

心理学専門誌の間エコロジー今日によると、自制心はより大きな展望と目標、機会のために自分の衝動を先送りを知っている能力である。 衝動をクリックするか、抑制する能力は、意志の力と呼ぶ。 意志力は衝動が発現される前に、自分の行動をもう一度考えて評価し、計画を立てるようにする。

つまり、阻害は、最初の欲望のままにすることを抑制する行動であるのに対し、意志力は自発的に行動することができる状況でできる単純な選択であり、決定である。

自己訓練法を学ぶ子供たちは社会的なルールを壊さずに、自分に有益な決定を下し目標を追求する。

「子供の頃から、自分の感情を制御することができなけれ”

親は子供が自制心を養うことができるような感情を制御することを先に教えなければならない。 次の内容は、子供が自分の感情を調節できる7つの方法である。 そのアドバイスをよると、子供に自分の気持ちを表現しながらも、他人を傷つけることなく、同時に安定感を持つ方法を教えることができる。

1.自己管理モデルを形成

親も「タイムアウト」の時間が必要である。 子供は親の行動を見て学ぶ。 親が冷静さを失い、子供に叫んで姿を見せると、子供の自制心形成に悪影響を与える。

したがって話題を沈め落ち着いた姿を見せなければならない。 重要な状況で落ち着いて対処する親の姿を見て育った子供は、自分の感情を制御することができる。

2.自分の感情に率直でなければ

子供のコントロールを向上させることができる最良の方法は、感情を話して共感を求めるものである。 子供が特定の感情を自分で理解し、その感情を識別できるようにしなければならない。 このため、子供に絵を見せながら、図で表現している感情が何なのか名前を付けるようにする簡単な方法を使用することができる。 この方法は、子供が周囲の感情を理解できるように支援し、周りの人の共感能力を養うことができる。

感情を話すのは、子供の過ちを理解させるにも有効である。 親も子供の前で自制心を失ったならば、これに対して素直に謝罪し、その理由を説明した後、他達し話すことができなければならない。

3.絆の形成と活発なコミュニケーション

コミュニケーションはすべての年齢の子供に重要なツールである。 特に10代の両親に自分の話を隠そうとするので、子供のコミュニケーションが非常に重要である。 また、子供に近い手を差し伸べる努力して絆を形成しなければならない。

親と絆を形成した子供は心を開く。 また、子供は自分を友達のように接してくれる両親に深い安心感を持って、自分の方だと感じている。

4.子供の感情を尊重する

親を含む他の自分自身を理解すると認識した子供は、自制心が高い。 親は子供に共感しているという事実を子供が理解できるように通知しなければならない。

5.「悪い」行動の確実な指導

子供の間違いについて非難して音上げる代わりに、柔らかいが確実な口調で叱責するのがよい。 子供が欲しいものを聞いてくれることができない理由を着々と説明しなければならない。 例えば、子供がすでに多くのおもちゃを持っているにもかかわらず、別のおもちゃを買ってほしいと要請した場合、親はいけない理由を理解しやすく説明してくれるとする。 この方法は、子供が同じような状況に直面したときに助けになる。

6.子供の感情表現はリードされ、他人に傷つけない方法を教える

子供たちも傷を受ける。 一般的に、子供たちは、極度の感情を経験した状況で、泣いたり、怒る。 このときやたら阻止するよりも、子供の感情に共感し、自分の感情を表現するようにしなければならない。 しかし、感情を表出するがじっくり落ち着いた状態を維持するように教えることが重要である。

7.子供に十分な安心感与える

子供たちは、家庭での安定感を感じさせないとき狂気になったり、頑固な強まることができる。 仕事が忙しくて子供と多くの時間を一緒にしていない場合でも、十分な対話を通じて感情絆を形成することが重要である。 子供とのつながりを作って共感し、子供の友達になってみましょう。

自制心がある子供に育てる5つの方法

1.日常作成

子供のための日常的な家事をする必要があります。 毎日子供たちがいろいろ仕事を学ぶことができるよう、さまざまなことを任せるのが有効である。 子供たちが仕事をこなしたら、「果たす」という標識をしてくれるのも方法である。 子供の責任を呼び起こす簡単なこと自制心を養うことができる。

2.子供たちに理由を説明する

子供が親を理解するための最良の方法は、コミュニケーションである。 「私はそう言うじゃない」あるいは「私は親だから」を叫ぶよりは、子供たちが朝食にデザートだけ食べてはいけない理由、あるいは子供たちが宿題をしなければならない理由を説明してくれるとする。 子供の好奇心を満たすことができる、簡単な答えで子供たちは宿題の必要性と過度の砂糖を食べてはいけない理由を理解することができるようになる。

3、賞賛と報酬を提供

子供が良いことをしたとき賞賛とそれに合った補償を提供しなければならない。 例えば、子供が弟にお気に入りのおもちゃを譲歩したり、親の要請がなくても、自分の部屋を掃除した場合賞賛をしてくれるならない。

子供たちは、このような態度で賞賛を受けるならば、そのような行動を続けていく。 今後は、補償がなくても、自然なことで認識します。

4.適切な結果を示す

子供が良いことをしたとき賞賛と報酬を提供していた場合は、「悪い行動」をしたとき、それにふさわしい罰を下さなければならない。 子供たちが重要なルールを違反した場合、それに合わせて処罰をして、その理由も一緒に説明してくれるとする。

例えば、子供が弟とおもちゃを共有していない場合は、1日か2おもちゃを奪っように使用することを教えなければならない。 もし子供が弟に謝罪するならおもちゃを返すこともできる。

後に弟が一緒に遊ぶことをしたい場合は、再び前と同じ過ちを繰り返すしたくないので、おもちゃを共有することになるだろう。

5.ロールモデルになる

子供たちはスポンジのように見るものをそのまま受け入れる。 したがって、子供たちがコントロールを学ぶことができる最良の方法は、親から学ぶものである。 親が自分が立てたルールを破ることを子供が見たら、自分もそうすることがいいことだと思う。 したがって、親が自分の悪い習慣を直さなければ子供に教育的なライフスタイルを教えることができる。

子供のコントロールを育ててくれるのは、公園を散歩するように簡単なことではない。 かなりの時間と情熱、共感、公正は、患者が要求される。 しかし、コントロールを備えた子供として育てば、最終的にはそれに伴う補償がされる。 子供が将来的に責任ある大人に成長し、親の心配をせず、自分の人生を作ることができる1つの人格になるからである。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!