Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
moontore.com

Unique Blog News

[子育て]魚はどのようにコミュニケーションをするか

/
/
/
写真出処:Imxma / Pixabay

私たちは、イルカや大きなクジラが出す音がどの音なのか聞いたことはあるが、魚が出す音には知らない。

魚は、互いにコミュニケーションをしている。 魚は音でコミュニケーションをする動物とは異なる方法で意思疎通をする。

魚は、医師を提供するために、自分の体や周辺の環境を利用する。

しかし、弾性波探査や船のエンジンから出る騒音などが魚のコミュニケーションを妨害する要素として作用することができる。

ビクトリア大学の生物学者である者空ムーア(Xavier Mouy)と彼の同僚は、魚が意思疎通をするときに見える行動を研究してきたが、たとえ魚が口で音を耐震が互いに意思疎通をするのに音を使用するという事実を明らかにした。

武夷は「ブリティッシュ・コロンビア州水域に生息する400種以上の魚の中で音を出すのは22個種がある。」と述べた。

すべての魚種は、コミュニケーションのための自分だけの音があると明らかにした。

ナマズと海馬のような骨を利用して音を出すの魚種もあり、メバルのように特化された筋肉を使用して音を出すの魚種もあると述べた。

一方、ニシンのように、より原始的な魚は、通信のために肛門から出てくる音を使用する。

ブリティッシュ・コロンビア州バーナビーに位置するサイモンフレイザー大学のローレンス・ディール(Lawrence Dill)は、ニシンが出す音が “高速繰り返しパチパチ音」と呼ばれ、略してFRT(fast repetitive clicks)と呼ぶ。

ディルと彼の同僚の研究者は、魚が出すこれらのFRTを発見し、2004年イグノーベル賞を受賞した。

武夷は今後、カナダの海岸全域に水中聴音所を設置して、魚が出す音を記録する計画をしている。

これらの清音小に魚が出す音が魚の行動や種類とどのような関係があるのか​​を識別することができるセンサーが設置される。

しかし、センサーから出る音が魚を妨害する要素として作用することができるのでディルは同意しないと伝えた。

魚の音は、海洋生物の生活を向上させるだけでなく、船員が、海洋探査をするためにも重要である。

このような事実が知られていなかった当時は海軍船に搭乗した乗船員がニシンがおならはめたとき出す音を潜水艦と勘違いした場合もあった。

これらのミスを未然に防止しようと、その分野の研究をより完全にすることと、魚がどのように相互に通信しているかどうかをよく理解することを目標にしていると科学者たちは伝えた。

This div height required for enabling the sticky sidebar
Do NOT follow this link or you will be banned from the site!